暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

食欲の秋!なぜ秋には食欲が増すの?意味や由来を調べてみた

   

「秋の匂い」を感じた事はありますか? 私は毎年夏が終わる頃、なんかこう…肌に触れる空気とか、匂いというのでしょうか?それを感じた瞬間、パッと懐かしい昔の記憶が蘇る事があるのです。

芸術の秋の由来は諸説あるのですが、きっとこういう感覚的なものも、その一つなのではないかなぁ…と、私個人は思っているのですけどね^^

スポンサードリンク

さて、今回のテーマでもある「食欲の秋」とはどのような由来、または理由があるのでしょうか?

熊なんかだと、冬眠のために秋は栄養をタップリ摂る必要があるので、まさに食欲の秋なのですけどね…

人間の世界ではどういった理由があるのかを調べてみましょう!

☆なぜ食欲の秋と言われるの?

由来については意外とはっきりしているらしく、いわゆる「秋の味覚」と呼ばれる物で、有名なのが栗、梨、さつまいも、松茸、さんま、そして日本人の命でもあるお米の収穫時期なんですよね!

他にもまだまだあるのですが、とにかく秋に旬を迎える食材が多く、沢山の味覚を味わえる=食欲の秋と呼ばれるようになったそうです。

スポンサードリンク

最初は収穫に関わる農家さん達の間での言葉だったのですが、いつしか世の中に浸透して広く知られるようになったんですね♪

また、ビニールハウス栽培や、現代のような作物の長期保存方法がなかった昔は全ての農作物は吹きさらしの畑で栽培されており、収穫をしても長くは保存しておけなかったため、季節の野菜等はその時期のうちに美味しく頂くという考え方もベースとなっているようです。

☆秋に食欲が増すのは何故?

食欲の秋の由来はお分かりになったと思いますが、いくら秋に旬を迎える食材が多いからと言って、それが食欲増進に繋がるのでしょうか?

他の季節でも旬で美味しい食べ物は沢山ありますし、秋の食べ物だけにそんな食欲増進効果があるとは思えませんよね。

考えられる理由はこちら! いくつかご紹介致します。

スポンサードリンク

⚫幸せホルモン?

食欲が増す理由の一つとして『セロトニン』という分泌物が関係しているのではないかと言われていますね。

このセロトニンの別名が『幸せホルモン』なのです。

どのような効果があるのかというと、セロトニンは人間の食欲を抑える効果があり、陽の光を浴びる時間が長ければ成分が増え、逆に短ければ減るといった性質を持っています。

そう、夏と比べて日照時間が短い秋はこのセロトニンの分泌が少ないので、食欲が増すということなのですねー

⚫気温の低下による身体の変化

人間だけに限った話ではないのですが、自分を取り巻く環境が寒くなると体温を上げるために身体が脂肪を燃焼させようとします。

代謝が上がるという事で 《代謝が上がる=エネルギーを消費する=消費した分を補うために食欲が増す》 なんですね。

寒いと脂肪が燃焼しやすいということは…そう、ダイエットとするなら冬が最適なのです!

食事を少なくすれば、エネルギー補給が間に合わないまま脂肪が燃焼していくので結果的に痩せると。

でも無理なダイエットは駄目です! 消費が早いので、ある程度栄養補給をしないと倒れてしまいますからね。

⚫夏バテ後の反動

夏バテは夏の暑さによって身体の機能が低下し、食欲も減ってしまうものです。

当然秋になるとそれが解消されますので、食欲も回復するのと同時に、夏の間に不足した栄養分を身体が欲しがるために食欲が増すのだとも言われています。

『夏は痩せる、冬は太る』と言いますが、まさにこれが原因。

夏バテによる食欲不振で痩せてからの秋から冬にかけての脂肪燃焼や夏に不足した分を補うための食欲増進ですね^^;

じゃあダイエットは夏の方が良いんじゃないの?と考えてしまいがちですが、それは違います。

夏バテによる食欲不振は必要な栄養が摂れていないということですから、多少無理してでも食べないといけません。

暑さや食欲不振で体力が消耗している時にダイエットなどしてしまうと倒れてしまいますし、秋が来た時に反動で余計に身体が栄養を欲して通常より太ってしまう場合がありますので…

○くれぐれも、食べ過ぎにご注意を!

食欲の秋の由来や、なぜ秋に食欲が増すのかお分かりになられたでしょうか?

迷信や気のせいではなく、それなりに根拠があったわけですね♪

『食欲の秋だから仕方ないよね〜^^』と身体が欲するままに食べてしまうと…冬には雪だるまになっているかもしれませんよ?(笑)

 - お役立ち , ,