暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

食欲の秋の由来や意味や?健康的に秋の味覚を楽しもう!

   

もうすぐ、残暑もなくなり過ごしやすい秋がやってきます。秋は食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と色々言われたりします。でも?どうして?そんな言い方をするのか考えてみると、わからないですよね。

スポンサードリンク

そこで今回は、なぜ食欲の秋と言われるのか、ちょっとした体のメカニズムそして秋の健康食材などをピックアップしてみました。過ごしやすい秋に知っても損はない!そんな情報をお届けしたいと思います。

☆なぜ食欲の秋と言われるのか

食欲の秋と言われた背景には自然の力と体の働きが関係していたようです。

夏から秋になると日照時間が短くなります。そうなると脳内の神経物質であるセロトニンというものが、減ります。このセロトニンという物質が低下すると本来精神などを安定させる為に作用していますが、これを補う為に脳に指令を送ります。

スポンサードリンク

この指令というのが食欲につながりご飯を摂取することで、セロトニンを多く蓄え精神を安定するためだと言われています。

またその他には気温などが低下し涼しくなるためや作物などが出来るからなど諸説あります。

これから考えると秋によく運動会が開催されますが、これはかなり合理的な部分があります。

人間にとって日光を浴びるということは大切なことですが、日光を浴びて運動をして沢山食べる。これらは健康を維持する為に必要なことだったんです。こういう仕組みを知るとスポーツの秋と言われることもしっくりきます。

社会人になると運動不足になりがちですが、食欲の秋にちなんでたくさん食べて時間を見つけてしっかり運動するようにしましょう。

スポンサードリンク

☆食欲の秋はダイエットに最適?プチ知識

先ほど話しをしましたが、セロトニンの分泌がダイエットにも実は大きく関係していました。

暑い夏は気温が高い為、体温調節するためのエネルギーは少ないが、気温が下がるにつれ人間の体は体温低下を防ぐため、体温の上昇にエネルギーを使うため、基礎代謝がよくなります。

基礎代謝がよくなると脂肪の燃焼がよくなる為にダイエットに最適になります。なので秋は、過ごしやすい季節でもありますし本当に良いことづくめです。

☆体によい秋の食材

さてこからは食欲の秋にちなんで色んな健康食材を色々とピックアップしてみました。
健康は体の資本です!秋の味覚を堪能しながら、自分に磨きをかけましょう!

柿 ビタミンC、A 酔い覚ましに効果

梨 食物繊維、ソルビトール、カリウム、
便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、
心筋梗塞予防、脳梗塞予防

ぶどう ビタミンB1.B6、C、チアミン、
リボフラミン、体力回復 貧血 食欲不振

かぼちゃ ビタミンA.C.E.ガン予防 冷え性
風邪の予防 高血圧

さつまいも 糖質、食物繊維、飽和脂肪酸、
ビタミンA、B.C.E.リボフラミン
肌荒れ改善 血液サラサラ効果

きのこ ビタミンA 食物繊維 便秘改善
低カロリー

まいたけ ビタミンB2 トレハロース肌荒れ効果 保湿効果、シミやそばかすなどもとれる

えりんぎ ビタミンB、カリウム、中世脂肪に働きを抑える ダイエットやむくみ

いわし ジアミン、リボフラビン、ナイアシン、
ビタミンB6.B12.C.D.E.K.
生活習慣病予防、脂肪燃焼効果
コレステロール改善 中世脂肪低下効果

かつお ビタミンA.B12、D.E.チアミン、
パンテント酸、高血圧予防、ボケ予防
動脈効果予防、眼精疲労緩和、
肝機能強化

さんま ビタミンA.B12、D.E.K.パントテント酸 ナイアシン、血栓予防、動脈効果、
生活習慣病 悪玉コレステロール減少効果

☆まとめ

秋の食材もこうしてみると海や山、果物など様々なものがあります。どれも体に良い食材ばかりで、探してみると沢山あります。ぜひこの知識を健康に役立ていただけたらと思います。

 - お役立ち , ,