暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

毛布洗濯は自宅かコインランドリー?洗剤/ネットの使用や頻度は?

      2017/10/09

そろそろ夏も終わりに近づき、冬へと季節が変り行きます。そんな時は、今使っている夏布団も押入れへ入り毛布が活躍します。ですが、毛布の洗濯でちょっと悩んでしまいます。

今回は毛布を洗うのは洗濯機かコインランドリーか?それぞれのメリットデメリットを見て行きながら、どちらでお洗濯されるかを選んで頂けたらと思います。

また料金やかなり※重要※な天候などワンポイントアドバイスもありますからそちらの方もご参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク

☆毛布を洗濯機で洗う手順は?

毛布を洗濯機で洗うとなると、最初にしなければいけないのは、毛布についてる洗濯表示のタグです。

「もし普段洗濯に慣れてない方でタグの意味がわかりづらい場合はタグの意味を教えてくれる専門サイトがありますので洗濯表示・意味で検索して見てください。」

洗濯表示のタグには洗濯機で洗えるか洗えないか書いてますので、洗濯機OKなら問題はありません。

そして家庭用洗濯機で毛布を洗う際に必要なのは毛布用洗濯ネットです。こちらは必ず使用するようにしましょう。

洗濯ネットに入れたら、次は毛布を丸めて特に汚れが酷い方を洗濯機の下側に入れます。

こうすることにより遠心力で汚れを落としやすくなります。

洗濯機で洗うコースですが、洗濯表示に水洗いの強さなども書かれている場合もありますからその指示指示通りするのがいいですが、毛布用コースなどがあれば基本的にはそれで良いです。また洗うときは柔軟剤などを使う方が仕上がりがよくなります。

☆洗濯機で洗った後の乾燥はどれくらいかかる?

洗濯機で洗い脱水などを十分行なった後には物干し竿を2本用意して毛布がM字になるように干します。
乾燥時間は長くて2日間はかかることもありますから生乾きにならないよ天気予報に注意しましょう。

ほ毛布はコインランドリーで洗える?

毛布のコインランドリーでの洗濯ですが、まず注意点として毛布の種類は主にウール・アクリル・ポリエステルがありますがウールの場合はコインランドリーで洗うことは出来ません。
アクリル・ポリエステルが洗うことが出来ます。

洗う時の基準ですが、コインランドリーの洗濯機に重さの説明が書いてありますからそれに合わせて、機械の大きさを選びます。

スポンサードリンク

☆コインランドリーの乾燥機では毛布は乾燥出来ない?!

実はアクリルやポリエステルは熱にとても弱く生地がゴワゴワしたりと仕上がりが良くなく自然乾燥が1番良いです。

毛布の洗濯表示に「タンプラー乾燥はお避け下さい」とありますがこれがコインランドリーにあるドラムが横にグルグル回りながら乾燥させる機械のことです。

実際に乾燥機でされている方も居ますが、毛布に使用感が悪くなるなど機械の故障の原因にもなりますから、おすすめは出来ないですしどうしても乾燥機を使わなければいけない時は、自己責任でやるしかないですが、特に問題ないという意見も中にはありますから個人の考え方となります。

コインランドリーでの費用は?

気になるコインランドリーでの費用ですが1枚3キロの毛布4枚だと大体1000円から1500円あれば十分足ります。ただコインランドリーによって値段がまちまちになりますから若干のプラスマイナスは出てくると思います。

乾燥機を使わずに水洗いだけなら700円以下で収まると思います。乾燥機は概ね30分から40分かかります。これがたいたい10分100円から200円になります。

☆洗濯機とコインランドリーメリットデメリット

さて気になります洗濯機とコインランドリーですが、自宅の洗濯機は自宅で出来る為、コストも安いですし出かける手間は省ける一方容量がそんなに大きくない為、1枚ずつ洗うしかなく複数ある場合は時間がかかります。

コインランドリーは大きな機械やサイズごとに複数あるため、時間は大幅に短縮でき尚且つ機械のパワーが家庭用より遥かに大きいため汚れも落ちやすいですが、コインランドリーの混雑具合や取りに行く手間とお金がかかるというところと乾燥機が基本使えず、使用するなら自己責任で使うしかない
という点になります。

スポンサードリンク

☆今年は特に天気予報に注目しなければならない?

もし自宅で洗濯機で毛布を洗うことを選択された方にはかなり重要なお知らせとなります。地域差はありますが、今年は西日本地域を重点として記録的な日照不足になっています。

これが意味するのは西日本地域は洗濯物がかなり乾きにくい状況となっていますから毛布などは曇りが続くと乾くどころか生乾きが発生しせっかく洗濯したのに臭くなってしまう可能性も出て来ます。

気象庁の発表によりますと、1890年頃からの記録を遡り1980年に記録的な日照不足を観測され、今年は100年に1度クラスの日照不足になっていて既に1980年の記録を大きく更新して例年の20%から30%しか日がでていないそうです。8月には九州など豪雨や災害もあり異常気象が続いています。

このため9月や10月も例年を下回る日照不足が予測される為、毛布の洗濯は特に西日本地方の方は早急に用意されることをおすすめします。またこの影響でコインランドリーでの混雑も予想できますので気温がまだ高い今のうちに天気予報で晴れの日を狙ってした方がよいでしょう。また日照不足も全国的になる異常気象の恐れもありますので該当地域外の方も注意が必要です。

☆まとめ

洗濯やコインランドリーでお悩みの方、今回は日照不足もありますから今のうちにやっておいた方が得策であると思います。また、今回の記事で参考になったことがあれば幸いであります。

 - お役立ち , ,