暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

成人式お祝いお返し金額はどのくらいが適切?恥をかかない為のマナー

   

この度はご成人になられましたことを心よりお祝い申し上げます。

より一層のご健勝とご多幸を祈念いたします。

大人になってしまいましたね。様々な場面で、上記のような小難しい言葉をもらって困惑していることでしょう。

「おめでとう!大人になったね!!」なんて先輩たちは言ってくれないのです。でも実は先輩たちも難しい言葉なんて使いたいわけではないんです。いわゆる大人のマナーなんですね。

今回は晴れて大人になった皆様に最初の大人のマナーを教えます。成人式のお祝い返しのマナーについてです。

スポンサードリンク

☆お祝い返しって何?

そもそもお祝い返しって何だ?と思う方も多いと思います。

文字通りいただいた贈り物や親切に対する返礼としての品物や行為のことを言います。

成人のお祝いに対してもお返しをすることはマナーです。恐らく初めての大人のマナーじゃないですか?これを華麗に決めて、大人への第一歩を踏み出しましょう。

まず、両親やおじいちゃんおばあちゃん、兄弟からのお祝いにはお返しは不要です。

ありがとう、と今までの感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。

お祝い返しが必要となるのは親戚からです。叔父さん叔母さんや従兄弟ですね。

また、既に社会人になられている場合は会社内からお祝いを頂く場合もありますので、その際にもお祝い返しをしましょう。

スポンサードリンク

☆お返しには何をあげればいいの?

お祝いを頂いたらお返しをするわけなのですが、一体何を返せばいいのか、というところになると思います。

例えば親戚の方々を少し思い出してみてください。

現金でお返しするとあの叔父さんは嫌がりそうだなぁ、とか

従兄弟のお兄ちゃんはお酒が好きなんだよなぁ、とか

叔母さんは甘いお菓子が大好きだよなぁ、とか

今までのお付き合いの中で良いお返しのポイントがそれぞれ浮かんできませんか?

お祝いを頂いた方たちに合ったお返しが出来ることがいかにも大人じゃないでしょうか。

どうしてもその人に合ったお返しが思いつかない場合は両親に相談してみましょう。親戚の嗜好はよく理解していると思いますので、アドバイスをもらえば深く悩むこともないと思います。

会社の同僚や上司からお祝いを頂いた場合は、お菓子等が一般的ですね。

くれぐれも社内でお祝いを頂いてない方がいる前で、「お祝いありがとうございました」とお返しするのは止めましょう。言わずもがなですが、マナー違反です。きっとお祝いしていない人、お祝いをしてくれた人、そしてあなた、それぞれが気まずい空気を味わうことになるでしょう。恥をかかないためにもタイミングを図ってお返しするようにしましょう。

スポンサードリンク

☆お祝い返しの金額の相場は?

さて、お祝いを頂いた方たちへのお返しの品は決まりましたでしょうか。

お返しの品の金額の相場は、頂いた金額の3分の1から半分程度が相場と言われています。

本当にお祝いが嬉しかったからといって、頂いた同額のお返しをするのはNGです。何故なら頂いた好意を100%お返しすることになり、妙な誤解を生み出しかねません。

例えば3万円のお祝いをくれた方に3万円の食事券をお返しする、等です。人によっては自分の好意が相殺されたと思い、悲しい気持ちにさせてしまうこともあるということです。

私個人の心情で言えば、20歳になったばかりの人から同額のお返しをもらってしまったら立場が無いと考えてしまいます。さらにネガティブな私であれば、お祝いの金額が足りなかったかな、とか最悪の場合は、私からのお祝いなんて要らなかったのかなとも思ってしまうかもしれません。底抜けに悲しい性格ですが、こういう人はゼロではないと思います。逆に不快感や怒りを感じる人も同様にいるかもしれません。バランスって難しいですね。

☆大人への第一歩

如何でしたでしょうか。文字にすると面倒くさそうなことばかりですが、実際は普段の人付き合いの中での単なる応用だと思いませんか。

成人になる以前から、友人や恋人に普段の感謝を込めて誕生日やクリスマスにプレゼントを選ぶときにも同じように金額や品物を見定めていたと思います。

しかし今回は、そういったサプライズでは無く、礼儀や作法が加わります。まさに大人としての第一歩となると思います。

でもセンスの良いお返しの品を選ぶことより、失礼無くスマートに決めてやることより、何より大事なことがあります。それは今までお世話になった感謝を言葉で伝えることです。

お祝いをくれた方達はどんなお返しが来るのかなぁ、とワクワクしているわけではありません。あなたを想って、心から祝っているのです。その気持ちに対する最大のお返しはあなたの言葉で感謝を述べることだと思います。あなたのその姿はきっと、大人そのものなのだと思います。

改めて、成人になられましたことを心よりお祝い申し上げます。

 - お役立ち ,