暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

デジチケJr.祭り大混乱!機材トラブルで返金騒ぎ!運動会も不安

   

4/8開催のジャニーズJr.祭りにて入場時のチケットにデジタルチケットが採用されましたが、イベント当日に機会トラブルなどが発生し現場が大きな混乱に包まれていることがわかりました。一体どのようなトラブルが発生してどのような事態になっているのか、現場にいる人の声も参照しながら見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

☆Jr.祭りで採用されたデジタルチケット

さて、今回のイベントで採用されたデジタルチケットですが、一体どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。大まかにポイントを整理していきたいと思います。

メリット
・チケットの紛失を防げる
・発行にかかる手間や経費が削減できる
・入場の手間や管理が楽
・チケット所有者の情報が瞬時にわかる
・転売防止につながる

デメリット
・チケット半券の保存が難しい
・サーバーダウンや機械トラブルが生じると悲惨

基本的には紙かデジタルで行うかという媒体の違いになるので、デジチケによるメリットやデメリットはそのまま「紙⇒電子化」によるものと同じと捉えて問題はないでしょう。電子化されているので、紙と違って紛失の可能性は減らせると思いますが当然機械トラブル等のリスクもありますから、一概にデジチケのほうが良いとは言えませんね。

ジャニーズ事務所はこの電子化に加え、顔認証も含め完全な転売対策を試みているようですが、果たしてうまくいくのでしょうかね。10人規模程度のイベントならともかく、数万人単位で人が押し寄せるイベントでそんな事不可能な気がしますが...。

スポンサードリンク

☆4/8のさいたまスーパーアリーナの状況

さて、今回のJr.祭りですが先ほどご紹介したデジチケのデメリットをモロに受けてしまったようで、現場は大混乱です。なんでも、QRコードを読み取る肝心な機械が故障してしまったのだとか...。紙媒体であればそこに記載した席に誘導すればいいだけですが、当日そ機械で読み取らないと座席の場所も分からないとのことです。

現場の声を見てみましょう

当然ですが、このような事態になったのはファンのせいでもタレントのせいでもありません。会場にいる人の怒りが爆発するのも当然です。

スポンサードリンク

☆返金騒ぎ?交通費は?

今回被害にあったファンのなかには、席の番号が被ってて見れなかったとか会場の外に出されて扉も締められたから声も聞けなかったなどと悲惨な人も大勢いるようです。席の位置が変わって遠い席になってしまうだけでも大きなショックなのに、席がなくて座れないなど言語道断ですよね。

今回の騒動を受け、席に座れなかった人などには返金するなどの対処を取ったジャニーズ事務所。しかし、ただ単に返金すればいいというものではないはずです。大好きなメンバーに会うために遠くから交通費や宿泊費をかけて遠征している人もいると思います。

そんな人達に、チケット代金だけ返してごめんなさいなんておかしな話です。そしてそれをJrのメンバーに謝らせるという事が、ファンの更なる怒りにつながっています。大好きなメンバーが事務所の不手際に対して謝罪をするというのが許せないのは当然です。

4月16日に東京ドームで行われる「ジャニーズ大運動会2017」は大丈夫でしょうか。さいたまスーパーアリーナを越える人数が押し寄せる超ビッグイベント。イベント当選倍率は50倍を越えるほどの人気を誇るジャニーズ大運動会。

チケットトラブルで当選者が中に入れないなどの事態が発生したと考えると心底恐ろしいですね。

☆まとめ

今回さいたまスーパーアリーナのJr.祭りで発生した機械トラブルによって、デジチケの読み取りができず大混乱を招きました。近代化によって技術が向上するのは良いことでもありますが、今回のようなビッグイベントで使用するにはさらなる事前チェック等を繰り返し万全の体勢で望むべきですね。

来週のイベントは頼みますよ...!

 - ニュース ,