暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

お歳暮とお年賀って両方送るの?そもそもの意味や違いも調べてみた

   

今回はお歳暮とお年賀について気になることをピックアップしました。お歳暮とお年賀て似てる雰囲気がありなんだかややこしい感じもします。特にこんな感じの礼儀や挨拶的なことをあまり知らない方や実はよくわかりませんという方は色々と参考になると思います。

スポンサードリンク

☆お歳暮の時期はいつから送るの?

お歳暮とは、せいぼ、年の暮れ、などを意味します。またこの言葉は季節の言葉も合わせて関係しています。つまり年の最後にお世話になった方に感謝を込めてプレゼントする贈り物になります。具体的な時期は12月10日頃から20日までとなります。

送る金額や作法などはあるのか!?

お歳暮を単に贈ると言ってもかなり仕来りやマナーが意外と多かったりします。まずは基本的なマナーからご紹介致します。

お歳暮にはまず贈る品の箱にのし紙と呼ばれる物を貼り付けます。のし紙の中央に蝶結びになっている絵柄があり、蝶結びしてある真ん中に縦書きで「お歳暮」と書きます。基本的には筆で墨をつけるのが好ましいですが、最近では筆ペンがありそちらの方が手軽に書けますから、そちらでもかまいません。

しかし筆や字を書くのが苦手な方もいらっしゃると思いますから、大体の場所(大型ショッピングモールや井筒屋などの百貨店)などは店員さんに書いて頂けるので安心して下さい。

また喪中の時などでも基本的に贈ってあげても問題ありませんが、事前にお知らせしてあげるとより良いと思います。

さらに近年では宅配便が主流となりますからその点も心配ないでしょう。

金額については諸説ありますが、ここはその人の気持ちになります。お世話になっている方なら、それなりの物を贈ってあげると喜ばれると思います。

贈り物の上位一般的な物としては商品券やギフト券・ハムやソーセージやビール券などがありますが、贈る方の好みや趣味・趣向に合わせて考えるのが好ましいので1番重宝する物がよいと思います。

例えばですが、これは変り種ですがゲームが好きな人ならゲームソフトやゲーム機など高価ではありますが趣味趣味が合うので大変喜ばれますが、これはかなりお世話になってる方に対してなので身の丈にあったものを選ぶ様にして下さい。

スポンサードリンク

☆お年賀の意味とは!?どんな違いがある?

お年賀とは年初めの新年に贈り物をすることをいいます、お歳暮は歳の暮れにお歳暮は新年にと覚えるとわかりやすいと思います。お年賀贈り方のマナーはどんなものがあるのか、まずはのし紙についてですが、お歳暮と同じ物になります。

詳しい書式は、紅白(赤と金色で印刷されている)の5本(又は7本)花結び(蝶結び)に熨斗が付いたデザイン(通称=花結び祝い=一般お祝い用)のものを用います。表書きは濃い色の墨を用いて楷書体で書くのが基本ですが、献辞(上書き)は水引中央結び目の上に「御年賀」と書き、名前書きは水引中央結び目の下に献辞よりやや小さめにして「フルネーム」で書く。

この様に初めて贈る方などからしてみれば少し難しい説明になってごちゃごちゃになってしまうかも知れませんから、不安であればデパートなどのプロの方にのし紙を聞いたりしますと相手方にもしもの失敗はなくりますから自信がなければこの方法もありです。

スポンサードリンク

☆お歳暮と違って気をつけなければいけないマナーがある?

実はお歳暮と違いお年賀は新年になり直接持参するのが礼儀とされていますからデパートからの直送、宅配便などは絶対してはいけないタブーになっていますので、ここはしっかり覚えておきましょう。

贈る相手は親戚や家族など日頃かなりお世話になっている方になります。

喪中の時の対応も違う!?

お年賀では相手または自分方が喪中にある時は、必ず贈ることの了解を得た上で贈りますが、松の内を外して「寒中」に訪問するのが礼儀とされています。この時の表書きはお年賀ではなく、「寒中見舞い」と書きます。

また寒中の時期についてですが、1月5、6と2月3日・4日の約1ヶ月間の間となります。

購入額やどんな物を送ればよいの?

これについてはお歳暮でお伝えした事、同じ要領で考えれば大丈夫です。

正しお歳暮とお年賀も贈るのあれば贈り物が同じような物にならないように被りがないように最低限すれば良いと思います。
またお年賀は頂くことがあればお返しの品も用意してあげましょう。相手方がわざわざ足を直接運んで頂いておりますから、やはりおもてなしの礼儀としてしなければいけませんからここは忘れずに贈り物を準備しましょう!

☆まとめ

いかがでしたか?礼儀作法て難しいですよね。決して学校で教えて貰える訳でもありませんし、こういう時になりますと社会人としての人柄も見られてしまいますからこの様な年次行事で知らない方がいらっしゃれば勉強がてらお役に立てて居れば幸いです。

 - お役立ち