暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

ハロウィン飾りは100均で十分!玄関に合う簡単飾りとは?

   

秋の一大定番イベントになりつつあるハロウィン。

雑貨屋をはじめ、衣装・美容関連やお菓子などの食料品,カフェやレストランなど、様々なお店でセールやキャンペーンが催されますよね。

見ているだけでもワクワクしますが、“自分も何かやってみたい“ ”でもお金はかけたくない“と思っているあなた。

仮装はさすがに難しくても、おうちで飾りつけをして、ハロウィンに参加しませんか?

部屋全体に持ち込まなくても、玄関周りを飾っておくだけで、ちょっぴり非日常的な雰囲気を、家族も来客も味わえます。

ハロウィンがクリスマスのように定着してきた現在、100均でもビックリするくらいいろんなアイテムを取り扱っています。工夫すれば充分楽しめちゃいますので、ほんの一部ですがご紹介しますね。

スポンサードリンク

☆ハロウィンといえば…

まず思い浮かべるのは「カボチャ!」という方が大半だと思います。

どこの売り場やアイテムにも、登場率100%といっても過言じゃないくらい、この時期の世の中はカボチャであふれかえっています(笑)

正確には「ジャック=オ=ランタン」なるカボチャですが、いちばんお手軽に済ませるなら、このランタンカボチャの置物を1つ飾るだけで、ハロウィンらしい空間が出来上がりますね。

魔女帽子をかぶったものだと、よりそれらしさが高まります。

ただし、にぎやかさを出すために個数を増やし過ぎるのはいただけません。

ハロウィンの主役カラーともいえるオレンジ色が主張しすぎて、うるさく落ち着きのない玄関になってしまいます。

ランタンカボチャはあくまでポイント使いとして、大小問わず多くても3個くらいに留めておきましょう。

スポンサードリンク

☆玄関周りの飾りを、着せ替えのように楽しんじゃおう!

壁を使って飾る場合

単純に飾るだけなら、ガーランドやフラッグ,ウォールシールを貼れば、あっという間に飾りつけ完了。

ただ、100均で売っているものは種類が少ないので、物足りないとか雰囲気が合わないなどがあるしれません。

だったら、手作りするのもひとつの手です。

フェルトなどの手芸用品、ねんどや色画用紙などの工作用品で飾りを手作りすれば、自分の理想により近いアイテムが用意出来ちゃいます。

イラストを描いたり、パソコンを駆使して写真や印刷物などのカードを作るのも素敵ですね。印刷する紙の色や種類によって、雰囲気もガラッと変えられそう。

おりがみでハロウィン飾りの作り方を紹介するサイトなどもあります。お子さんやお友達と一緒に、折り紙飾りにチャレンジしてみるのはいかがでしょう?

ちょっと洒落た感じにしたいなら額縁、カジュアルにしたければコルクボードなどを使うと、空間が引き締まってまとまった印象になるのでオススメです。

スポンサードリンク

置いて飾るスペースがある場合

まずは自分がイメージする飾り付けに合いそうな入れ物を探しましょう。形は自由に、大きさはお茶碗基準くらいでいいと思います。

ランタンカボチャなどのプラスチック製品の利用が一般的かもしれませんが、おしゃれ感を出したい方は、ガラス,陶器,籐かご,金属系(バケツ型など)を使うとGood。木箱なんかもいいですね。

100均で探すなら、園芸用品やラッピング用品売り場も穴場。室内で植物を楽しむための鉢や容器,ラッピングBOXなどで素敵なものがあったりします。

次に、大人の握りこぶし大くらいのランタンカボチャ1個と、それより小さなカボチャやお化け,魔女,黒猫などの置物を1,2個用意しましょう。

すべて準備できたら、入れ物に「なにか」をあふれるほど入れて、置物を周りに配置して出来上がり!

それだけ?と思われるかもしれませんが、文章で読めばそれだけです。

この飾りは単純ですが、入れ物と置き方、そして「なにか」に飾り手のセンスが問われます。

入れ物は立てて使うものとは限りませんよ? 寝かせたり、逆さまにしたり、ぶら下げたり、はたまた鳥を捕獲するときのような仕掛けっぽくしてみたり。

シンプルなものだったら、シールやマスキングテープで飾りつけても楽しそうです。ラッピング用品や手芸用品で入れ物や「なにか」の一部を包んだりするのも、素材によってガラッとイメージを変えられますよ。

意外なデコレーションアイテムとしては、フェイスシールや、蓄光タイプのつけ爪用マニキュア,ボディペイントなんかも。文具よりもオトナな雰囲気に仕上がりそうです。使用する素材によっては使えなかったり落ちなかったりということになるので、注意は必要になりますが。

置物も、ただ配置するだけでなく、両面テープを使って入れ物にくっつけたりも出来ます。紐やリボン,毛糸などで結んでみたりするのもおもしろいですね。

「なにか」については……例えば、ハロウィン仕様のパッケージになっているお菓子。ファミリーパックなどでよく見かけますね。玄関にお菓子なんて……と、眉間にしわをよせる方もいそうですが、「Trick or Treat?」そのものがテーマの飾りです。

ビー玉やおはじきなど、透明感のあるアイテムもいいですね。ただし、転がり落ちたもので怪我をしたりしないよう、飾り方に工夫が必要です。

置物用に用意したアイテムを、逆に入れ物の中に配置……マトリョーシカみたいにカボチャが延々と、なんていうのもおもしろそう。

ガーランド用の飾りアイテムで収穫のお祝いっぽくしたり(ハロウィンの起源には収穫祭としての意味合いもあります)、ジャック・オ・ランタンのイメージでキャンドルを配置したりしてもいいかもしれません。火は使わないのを前提に、(はじめから燃やして)長さの違うものを準備するとより雰囲気が出そうですね。

☆まとめ

大雑把な感じですが、飾り付け方の一部をご紹介しました。玄関という空間ひとつだけでも、けっこうあれこれと考えて楽しめることを知っていただけたと思います。

そんな面倒くさいこと……なんていわず、せっかくなので置物1つでもカード1枚でも飾って、気持ちをアゲてみませんか? お祭り気分を取り入れることでリフレッシュして、日々をよりプラスな気持ちで過ごしたいですね。

 - お役立ち