暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

ハロウィンとは何か?子供に説明するための簡単基礎知識

   

ハロウィンと聞くと、人によって色々なことをイメージすると思います。

お祭りや仮装などそう思う方がたくさんいるかと思います。けれどハロウィンて何?て聞かれるとしっかり答えられませんよね。それもそのはずです。発祥などは日本ではないですし、このことが知られたのも、近年の話ですから聞かれても詳しく話せないのは当たり前なのです。

ハロウィンは友人や恋人、大切な家族と過ごせる良い思い出となるイベントです。そして好奇心旺盛な子供からお父さん、お母さんハロウィンてなに?と聞かれたときにしっかり答えられるように簡単にまとめた歴史とハロウィンとは何か?ということについて説明をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

☆ハロウィンの始まりと近年のハロウィン

2000年以上前のケルト(西ヨーロッパに広く分布していた民族)と呼ばれる民族で、秋の収穫を祝い・悪霊を取り払うなど宗教的なものが行なわれていました。

また、死者の霊が家族を訪れる日。と言われていて、日本ではお盆のようなものに当たります。
英語で(ALL saints day)これを万聖節といいます。

11月1日が万聖節なので、その前夜祭に当たる10月31日がハロウィンになります。つまりハロウィンは万聖節をお祝いする前夜祭だったのです。

ハロウィンはもともとヨーロッパから発祥したもので、その後アメリカに伝わりアレンジされたのが現代のハロウィンになっています。このことについて正しい起源などはわかっていません。

そして10月1日はケルト人にとって一年で最後の日となります。その日は死霊がやってきて、作物をあらされたり子供がさらわれたりします。その対策としてサウィンと呼ばれる収穫祭でお祓いなどを行なって魔除けの代わりとして災いから守ってきました。

アメリカのハロウィンはトリック・オア・トリート(Trick or treat)子供が一軒ずつ家を行き「お菓子をくれないと悪戯するよと言いながら行います。また近年の日本のハロウィンと同じように好きなように仮装します。

主な服装は怖いものをイメージしたものが多いようで幽霊・悪魔・ゾンビなどが人気があるようです。20世紀の後半では先ほど言った衣装よりも、かわいいキャラクターやミッキーやスパイダーマンに、大人になると映画やアニメなどのコスプレが多く見られる。

スポンサードリンク

☆ハロウィン・シンボルかぼちゃのお化けジャックオーランタンとは?

まず、ハロウィンでよく見かける。ジャックオーランタンについてですが、実はかぼちゃからではなくカブから出来ています。これには少しびっくりしますが、諸説あるようです。

簡単に話しますと、日頃の行いが悪いジャックは
死んでしまって、天国へ行こうとするが生きているとき、とんでもなく悪いことをしていたので、天国へいけず、地獄へ行こうともしたが、生前に悪賢い悪魔を騙し自分が死んでも、地獄へ行かないよう契約をした、悪い人だったが、ついに何処へ行くことも出来なくなり、真っ暗な闇しかない世界ではどうにもならず、悪魔にお願いをしたところ小さな火を貰い、火を転んで消さないように大切にしなければと思ったジャックは、道に落ちていたカブをくり抜き中に入れ、安住を求め現世を彷徨い続けたというお話です。

これが元になり、ハロウィンに使われるようになりました。またかぼちゃ自体にも意味があり、かぼちゃに灯る火は霊たちから守ってくれる、日本で言われるお札のような効果があり親族の霊を受け入れる目印にもなっています。

スポンサードリンク

☆まとめ

いかがでしたでしょうか。ハロウィンと言葉一つ並べてもたくさん出てきました。歴史も2000年前のヨーロッパから始まり、最初は魔除けや収穫祭・お祝いなど宗教的なものが多かったですね。

もっと細かく調べると今日お話した5倍くらいの情報量があります。興味のある方は色々と調べてみると新たな発見が必ず出てくると思います。

そしてここ最近の日本のハロウィンはお祭り騒ぎにようにしていますが、ここまで普及したのは元を辿れば1970年頃にあるお店がハロウィン関係の商品を東京で売り出したことにより知られるようになり、近年の情報の多様化、インターネットやSNSが急速に普及したことにより、ハロウィンという行事は爆発的に知られるようになりました。

今日知ったことをお友達やご家族にこのことを話すと、よりハロウィンを楽しめるきっかけになって良いかもしれないですね。もしよければ話してみて下さい。

 - お役立ち