暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

日馬富士引退?引退しろと引退勧告もあり引退後逮捕か?揺れる角界

   

大相撲にて暴力沙汰の事件が起きてしまいました。しかも、暴力を奮ったのが日本の角界の頂点である70代横綱「日馬富士公平(ハルマフジコウヘイ)」だったというのですから、もう大ニュースです。

本人も暴行を行ったことは認めている段階です。あまりの事件に相撲ファンをはじめ多くの人から「引退しろ!」や「角界の暴力問題を再発させた大事件だ」などと言われ引退勧告まで出ている状態です。

今回の記事では、日馬富士公平が起こした暴力事件について、さらにはそれに対する世間の反応等を見ていきます。

スポンサードリンク

☆日馬富士暴力事件の内容

さて、まずは事件の概要を見ていくことにしましょう。まず、暴力事件が起きたとされるのは2017年10月26日のことです。角界で活躍しているモンゴル出身の力士が多数集まった宴会が開催されたそうです。

被害を受けたのはそこに参加していた貴乃花部屋の幕内幕内力士・貴ノ岩です。現在27歳の彼はその宴会にて日馬富士からビール瓶で顔や頭を強打されるというとんでもない暴行を受けたのです。

ビール瓶で人を強打する

言葉にすれば短いですが、この内容が以下に恐ろしいか一度想像してみてください。一般人がビール瓶で人を叩いたって当たりどころが悪ければ最悪の場合命を奪いかねないですよね。

それを、力比べの相撲で頂点を取った角界の王者・横綱が行ったのです。

とんでもない大事件だということは容易にわかりますね。

貴ノ岩力士はこの一件で大怪我を負いました。医師の診断書によると、「右中頭蓋底骨折、右外耳道炎、左前頭部裂傷、脳振とう、髄液漏の疑い」とのことです。言葉だけ見ても何がなんだかわからない状態ですが、とんでもなくやばい状況ということはわかりますね、

頭の骨が折れていること、骨髄の液が漏れているなど、本当によく命があったと思うようなレベルです。

スポンサードリンク

☆世間の反応

スポンサードリンク

☆事件を受けての感想

さて、想像するだけで本当に恐ろしい事件ですね。とても横綱が行ったとは思えない行動です。日本の伝統である相撲そのものを貶めた今回の暴力事件、一私人としてとても強く憤りを感じています。

相撲界は昔から暴力事件が多く、問題視されていましたね。さらなる被害を増やさぬよう、しっかりと今回の事件を日本人全体でみつめるべきだと思います。

特に思うことは、年上だとか立場が上だとか経験が長いからと言って偉そうな態度を取って下にぶつける人は上に立つ器なんてないと言うことです。

そんなもの、暴力をふるっていい理由には全くならないです。

自分の社会的立場が上がってきたことでより実感することです。力があれば何をしても許される、そんな狂った古臭い風潮は決して許されるものではないですし、絶対許してはいけません。

日馬富士がどのような罰を受けるのかそれはまだ定かではありませんが、相撲界の頂点に居続けるというのは世間から到底受け入れられないでしょうね。

今回貴ノ岩の命があったのは本当に奇跡だと思います。下手をすれば命を奪っていたのです。怒ったからといってやっていい範疇を大きく超えています。

☆まとめ

今回の事件、まずは貴ノ岩の命があったことを嬉しく思います。今後角界を盛り上げていく若い人材をビール瓶で人を殴るような横綱が原因で失っては大きな損失です。

まずは角界の対応をみると共に、絶対に同じような事件が起きないよう真剣に対策をねっていくことを期待したいですね。

 - ニュース , , ,