暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

池袋ホテル火災/火事の原因と現状は?タバコの消し忘れ説が濃厚か?

   

本日4月8日に池袋のホテルにて火災が発生するという出来事が発生しました。一体どのような状態なのか、報道内容やtwitter情報等をみながら探っていこうと思います。

スポンサードリンク

☆火災現場と状況は?

今回火災が発生してしまった現場は池袋駅の北口から歩いて約5分ほどの位置にあるホテルとのことです。ホテルの名前は「ニュースカイ」といいます。火事が発生したのは午後3時前あたりの時間らしく、深夜でみんな寝静まった時間などではなかったことが不幸中の幸いでした。

場所はこちらになります。

出火したのは3Fの部屋とのことで、部屋の中には40代男性と30代女性がいたそうです。火の手から逃れるために部屋の窓から外に飛び降りたというのですから、火災の規模もかなり大きくなってしまったということでしょう。

建物は基本的に1フロアの階高は2.5-3.0m程度でしょうから、3Fの床部分から考えるとその倍である5.0m−6.0m程度の高さから飛び降りたという計算になりますね。既に報道されている内容になりますが、40代男性は意識不明の重体から帰らぬ人となってしまったとのこと。女性もまだ意識が戻らないとのことで早期回復が望まれます。

スポンサードリンク

☆火災原因は何?

さて、今回発生してしまった街中のホテルでの火災。一体何が原因だったのでしょうか。ホテルの中で火を使うとなれば、考えられる最も可能性が高いのはタバコの火でしょうか。自宅での火災となれば料理をする際のコンロの火がありますから、タバコかどうかの判断は難しいと思いますが、火を使う機会などほとんどないでしょうからね。

ろうそくという可能性も捨てきれませんが、やはり候補としてはタバコのほうが可能性が高そうです。おそらくタバコをすってそのまま眠ってしまったのでしょう。でなければ火災の被害が小さい内に気づくことができたでしょうからね。

スポンサードリンク

☆世間の声

他のサイトでも言われていますが、一番悲惨なパターンは40代男性が既婚であり、一緒にいた30代女性が奥さんでないとうことでしょうね。今回火災が発生したのはみなさんが想像しているようなホテルですからね。それはこの方の発言からも明らかですよね。

☆まとめ

今回池袋ホテルで起きた火災。おそらくは火の消し忘れという不注意から発生してしまったものでしょう。同じホテルにいた人の安も非常に気になりますが、無事を祈りましょう。

では、今回の記事はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - ニュース