暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

井倉明逮捕!LINE事件から見るネットリテラシー教育と問題点

   

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b7

LINEを用いて女児に裸の画像を送らせたとして、埼玉県の男性が逮捕される事件が起きました。ネットの発達に伴い、現在ではSNSを用いて普段接点のない人とも簡単に繋がることが出来るようになりました。便利な側面も多いですが、使用に際してはしっかりとしたネットリテラシーが必要です。

子供にもスマートフォンを持たせる親御さんも増えていますから、子供へのネット教育をしっかりしないと知らないところで大事なお子さんが事件に巻き込まれている可能性もあります。今回の事件も子供を対象にした犯罪でした。どんな事件だったのか、詳細を見ていきましょう。

☆逮捕された男性

事件概要を見て行く前に、逮捕された男性に関して簡単に情報をまとめておきます。

氏名:井倉明 (ikura akira)
年齢:47歳
職業:トラック運転手
住所:埼玉県草加市松江2丁目

☆事件概要

逮捕された井倉明容疑者は無料通話アプリLINEを利用して罪を犯しました。

簡単にいうとラインのスタンプを小学生の女児に送る代わりに、女児の裸の画像を送らせていたのです。事件内容として公開されているものは、大阪の小学校4年生(10歳)の女の子に上記のやり方で画像を16枚送信させたというもの、そして同様の方法で千葉県の小学校6年生(11歳)にも3枚の画像を送らせたそうです。

事件の発覚は、被害に遭った女児の親がスマホ内に保存されていた裸の写真に気づいた事がきっかけでした。親御さんがもしスマホを見なければ、お子さんがこのような事件に巻き込まれている事に気づくことも難しかったでしょう。スタンプはスマホのライン内でしか見れませんし、家に何かプレゼントが送られるわけでもないですからね。

そして、なんと驚くべき事は井倉明容疑者は同様の手口で女子高生の裸の画像も入手しようとしていたということです。さすがに女子高生は自分の裸の画像を送るなどということはしなかったようですが...。

井倉明容疑者は、児童ポルノ禁止法違反で逮捕されています。

☆ネット教育の問題点

さて、事件概要を見ていただくとわかるように被害者は小学生の女児です。年齢が低く、ネットリテラシーの低い子供が事件に巻き込まれ、高校生は同様の手口には引っかかりませんでした。

問題点は、いいか悪いかの判断もできない状態の子供でさえインターネットに接続して色々な事ができてしまう点です。インターネットは誰にでも使用すること自体は可能ですし、一度その便利さを享受してしまうと中々手放す事はできません。それは小学生でももちろん同様ですね。

しかし、しっかりとした教育の元で「ネットの使い方」を知らない子供が意図せずにネットで犯罪に加担してしまっているのです。子供にも責任がないとはいいませんが、やはり親がもういちど改めてネットの正しい使い方をしっかりと教えることや、アクセス制限をかけるなどの対処をする必要がありそうです。

今回の事件も「LINEで知り合った」事がきっかけになっています。一体どのようにして小学生女児のつかうラインアカウントを知り得たのかはわかりませんが、まずこれが問題ですよね。

どんな相手とどんなやり取りをしているのかを親御さんが定期チェックすることも止むを得ないことなのかもしれません。子供がしなきゃいけない、親に見せられないやりとりはないはずですからね。理論上は、ですが...。

参考までに...2ch解説者のひろゆきさんのネットリテラシーの考え方を紹介します。


【橋下×羽鳥の番組】ひろゆき無双 論破祭り神回 フルVer.

☆まとめ

・井倉明容疑者によって、小学生の女児が裸の画像を送信してしまう事件が発生
・LINEなどのSNSを用いて簡単にネットで面識のない人とつながれるようになった
・ネットリテラシーを持たないと、知らぬ間に犯罪に加担してしまう可能性がある。
・親の教育が必要

 - ニュース ,