暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

稲田朋美/森友学園弁護士を務めた過去を認め謝罪!夫と連名か?

   

稲田朋美防衛大臣が森友学園の民事訴訟に関わっていかたかどうかという点で大きな動きがありました。森友学園理事長を辞任する方向で意思を固めた籠池氏は、稲田朋美がかつて籠池氏の顧問弁護士を務めていたことを証言しました。

それに対しての稲田朋美防衛相3月13日の参院予算委員会にて「完全に虚偽である」と否定をしました。具体的な資料が出てきても、自分は全く関与していない。共同で事務所を運営している際には連名で出すことはよくあるし、直接法律相談を受けたことは一切ないですと言い切ったのです。

しかし、本日3月14日に大きな動きがありました。

スポンサードリンク

☆発言撤回?謝罪する稲田朋美

稲田朋美さんが13日に発した内容は、私は籠池氏の法律相談に乗ったことはないし森友学園の民事訴訟には一切関わっていないというものでした。しかし、その翌日14日にその発言を一気にひっくり返しました。

2004年に森友学園が起こした民事訴訟の口頭弁論に出廷した記録が発見されメディアに報道されると、民事訴訟の口頭弁論に原告代理人として出廷した事を認めたのです。もちろんそれにともなって国会答弁での発言も撤回し謝罪を行いました。

発言が二転三転してしまった稲田朋美さん。「裁判記録がある以上は、私の記憶違いでした」と語り、森友学園と顧問契約を結んでいた件に関しても「事実かもしれない」と発言しました。

スポンサードリンク

☆政界の反応

さて、意思はどうであれ結果的には事実と異なる発言をしてしまった稲田朋美さん。政界の人たちは今回の出来事に関してどのような考えを持っているのか、発言をまとめていきます。

〜民進党の山井和則国対委員長〜

もし仮に国会での答弁が虚偽であるのならば、辞任に値する事だ。として稲田朋美さんの辞任を求める考えを述べました。

〜自民党の二階俊博幹事長〜

稲田朋美さんの虚偽答弁の件で国会の進展に問題があるよなことはあってはならないし、もちろんこの程度で辞任に値するわけがない

〜菅義偉官房長官〜

稲田朋美さんの活動に関しては個人的な活動内容ですから、政府としてのコメントは控える。詳細に関しては稲田朋美さんから直接話があるだろうし、稲田朋美さんの進展にはまったく問題のないことです。

とりあえず上記3人の意見概要をまとめましたが、結局立場が変われば言うことも変わりますからね。問題視してそこに風穴を開けようとする民進党とその程度のことなんの問題もないでしょうとする自民党の意見が別れた形になります。

スポンサードリンク

☆まとめ

さて、今回の虚偽答弁に関してみなさんはどのように思ったでしょうか。確かに国会の進展を妨げるほどの内容なのかと言われればそんな気もしますが、具体的資料出てきたという理由でがたった一日しか経っていないのに意見をコロッと変えた稲田朋美さんに対する不信感は拭い去ることはできないでしょう。

そして、故意かどうかまでは特定できませんが国会の答弁で虚偽の発言をしたことに対して「まったく問題ない」と言い切るのもどうかと思いますけどね...。とりあえずは進展を見守りましょう。では、今回の記事はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - ニュース