暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

入江琢磨/タイ南部パンガン島で行方不明/千葉県大学生の安否は?

   

タイ南部のパンガン島にて観光をしていた邦人男性が行方不明になってしまっているとの情報が入りました。

フランスに留学中の黒崎愛海さんのことも現在まだ未解決の状態で、残念で暗いニュースがツヂいてしまいますが、まとめていきたいと思います。

☆行方不明の邦人男性

今回タイのパンガン島にて行方不明になってしまった邦人男性は、入江琢磨さん22歳です。千葉県の大学に通っており、パンガン島には2016年の12月30日から行っていました。

22歳ということは大学4年生でしょうか?友人たちと一緒に旅行をしていたそうなので、おそらく大学の卒業旅行で来ていたのではないでしょうか。

入江琢磨さんは1月3日、パンガン島から浅瀬を伝って歩くことの出来る島に友人たちと向かったといいます。そしてそこで遊泳している時に、行方がわからなくなってしまいました。

行方不明になってしまった当時、パンガン島には雨が降っており海面は上昇し波は高かったといいます。荒れる海で溺れてしまったのか、波に飲まえて近くの小島に流されてしまったのかどうなのかはわかりませんが、3日に行方がわからなくなってしまってから今だ発見には至っておりません。

☆パンガン島に関して

パンガン島はタイの南部に位置する有数の観光地になります。
まずは場所から。こちらが地図になります。

パンガン島は40以上ものビーチが存在し、敷地面積の7割が熱帯雨林である自然豊かな島です。

人口は1万1000人と少ない島では有りますが、満月の時に行われるフルムーンパーティ、ハーフムーンパーティ、ブラック・ムーンパーティ、ロイレイ・フローティングバーパーティなど毎日のようにパーティイベントが開催されており、とても賑やかな島です。

パーティなどは盛り上がりのピークが午前3時頃に来るというのもよくある話だそうで、明け方まで踊り騒いで楽しめるそうです。


パンガン島 フルムーンパーティ ko phangan fullmoon party

フルムーンパーティー full moon party Countdown to New Year

島の名前に関して見ていきましょう。

パンガン島は現地のタイ語で「Koh Phangan(コパンガン)」と呼ばれます。

分解して意味を見ていくと、

Koh・・・島
Pha・・・出会いや発見
ngan・・・引き潮の際に見られるビーチ

島の名前に入ってくるぐらいですから、ビーチが有名というのは明らかですね。

Phaの示す出会いと言うのは、多種多様な人種があつありパーティ等を行う風習があることなどからも納得のできるネーミングです。

入江琢磨さんたちも、パンガン島の素晴らしいビーチでの遊泳やパーティ等のイベントの惹かれてパンガン島を旅行先に選んだのでしょう。

☆まとめ

入江琢磨さんの行方不明の状況はまだ正直情報量が少なく、現状は現地の警察が捜査中としか言えない状態です。せっかくの観光で、大丈夫だろうと楽しみたい気持ちはよくわかりますが、このような自体になってしまい非常に残念です。

大自然は人間の想像も及ばぬ危険な現象が起きます。
少しでも危険を感じたり、違和感を覚えたら「逃げる勇気」をもつことも忘れないで下さいね。

まだ安否もわからぬ状態ですが、どこかの島にたどり着いていること、とにかく無事でいる事を心から祈ります。

また最新情報が入り次第すぐ追記していきます。

では、今回の記事はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - ニュース ,