暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

石川琢磨埼玉県警巡査長窃盗で逮捕!助けを求めた女性宅での犯行か?

   

埼玉県にて、警察官が住民の家から現金を盗むという事件が発生してしまいました。住民は助けを求めるために通報して警察官に自宅に来てもらったのに、まさか現金を盗まれるとは思いもよらなかったでしょうね...。

事件概要、逮捕された警察官について等簡単にまとめていきます。

☆事件概要

事件が発生したのは埼玉県吉見町にある78歳女性の住宅でした。日時は昨日10月3日の午後4:40-4:50頃とされています。今回被害に遭った女性は、外出先から自宅に戻り鍵を開けようとして自宅の鍵を鍵穴に入れた所、鍵が抜けなくなってしまい警察官に助けを求めたのでした。

その電話を受け、今回逮捕された警官が現場に赴いたというわけです。逮捕された警官に関して公開されている情報をまとめていきます。

氏名:石川琢磨
年齢:30歳(2016年10月3日現在)
職業:警察官(東松山署地域化巡査長)
住所:埼玉県川越市小仙波町2丁目

石川琢磨容疑者は一人で女性宅に出向き、なんとか鍵は抜け無事にドアも開いたそうです。念のためだと思うのですが、その後女性と石川琢磨容疑者は部屋の中が無事なのか確認します。女性はまず台所にしまっておいた5万円が入った封筒を確認し、その後他の場所を確かめに行ったようです。

その様子を見ていたのか、石川琢磨容疑者は女性の目を盗みその5万円入り封筒を盗んでしまいます。本来であれば一度確認が取れているので再度確認をすることはないのでしょうが、女性は違いました。おそらくその5万円が無事かどうかという点が女性にとってかなり重要なことだったのでしょう。

石川琢磨容疑者がその封筒を盗んだ後ですから、当然再度確認した際にはその封筒は見つかりません。女性は石川琢磨容疑者を問い詰め、上司を呼ぶことになります。結局石川琢磨容疑者が女性宅に行くために使用したバイクの収納スペースにその5万円は隠されていたそうです。

石川琢磨容疑者はこの容疑を全面的に認めているとのことです。

この事件に対して埼玉県警の首席監察官である佐伯保忠氏は「警察官としてあるまじき行為で、大変遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処します」とのコメントを発しました。


埼玉県警巡査長が5万円“窃盗” 通報受けた住宅で(16/10/04)

☆石川琢磨容疑者の容疑

今回石川琢磨容疑者にかけられる容疑は単純に「窃盗」です。法定刑としては、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。金額によってどの程度の量刑が課せられるかは変わりますが、今回のケースではどの程度の金額がかかるのでしょうか...。

動機はまだ明かされていないとのことですが、一体どのような犯行動機なのでしょうか。目の前に簡単に盗めそうなお金があったから盗んでしまったのか、生活が困窮していたからなのか。いずれにしても市民を守るべき警察官が助けを求めてきた住人からお金を盗むなどあってはならない行為です。

首席監察官の言葉にもありますが、厳正に処分されることになるでしょう。

 - ニュース