暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

関門海峡花火大会の穴場は?渋滞知らずで最高の思い出を作ろう!

   

皆さんいかがおすごしでしょうか?夏も本番となりましてすごく暑い日々が続きますね。

ただ!夏は暑いだけではありません!海に水着にお祭りに花火に・・・とあげだすとキリがないくらいにイベントだらけですよね!!

皆さんは「夏」をエンジョイしてますか?家でゴロゴロしてクーラーにあたっているだけよりも、少しやる気をだしてお祭りにいってみませんか?今回は、福岡県、山口県の方々にはお馴染みの「関門海峡花火大会」についてお話しようと思います。

スポンサードリンク

☆「関門海峡花火大会」って?

福岡県や、山口県の方には、不要かもしれませんが軽く関門海峡花火大会の概要についてお話ししようと思います。

関門海峡は、北九州市門司区と山口県下関市の間にあり、本州と九州の境となっています。その領岸から花火を競い合うように打ち上げ、見る人を魅了します。私も見に行ったことがありますが、ライトアップされた関門海峡を間に挟み、あがる花火はまさに圧巻でした。

毎年120万人くらいの来場者数があり西日本では最大級の花火大会となっており、全国的にみても大きな花火大会だと思います。今年の打ち上げ数は1万5千発となっているようで、開催日は8月13日となっております。

スポンサードリンク

☆「関門海峡花火大会」の魅力

魅力はなんといっても、夜景とのコラボレーションではないでしょうか。ライトアップされた本州と九州をむすぶそうだいな関門海峡、街の明かり、灯台の光、それらが海面に反射し光がゆらめきます。その上空にあがる1万5千発あまりの花火が見事にマッチして他ではなかなか見ることのできない美しい景色を作り出します。

そしてなんといってもスケールのデカさです!九州では屈指の花火大会となっているので花火の数も人の多さもはんぱじゃないですよ。水中花火など珍しい花火もあるのでこちらも見る価値ありです!

やはり水辺であがる花火って綺麗ですよね!私自身の個人的な感想ですけどね(笑)こんな綺麗な花火を、恋人やいい雰囲気の男女で見れば、もう間違いなしですね!いい夏の思い出作りができるのではないでしょうか?

ちなみに余談ではありますが、海沿いにあるホテルは、花火がみえるので全部埋まってますよ!!(笑)

スポンサードリンク

☆「関門海峡花火大会」の穴場スポット

先ほども書きましたが、やはりこれだけの花火大会となると人の多さが半端ではありません。本当に右も左も前も後ろも、人!人!人!です。もう人に揉まれて花火どころじゃない!!!ともなりかねませんよね。

そこで!私が少し穴場スポットをお教えしましょう。

まずは、ここですね。「めかりPA」花火をみるのにパーキングエリアって?と思う方も多いでしょう。しかしここは、本当におすすめです。PAなので高速道路上にあるのですが、ここのPAなんと関門海峡の上にあるのです。花火があがるのは関門海峡を挟んだ両方の岸です。つまり門司側、下関側両方の花火を真ん中から眺めることができるのです!

しかもめかりPAは、駐車スペースが埋まるとそれ以上入れないよう規制がかかりますので人でごったがえすこともありませんし、下関のフグなども食べることができる食事処も、トイレもありますので文句なしです!

ただ規制がかかると入れませんので、それなりに早く行くことが必要にはなってきます。

次は「和布刈公園」です。読み方は「めかりこうえん」です。こちらは門司側にある関門海峡近くの公園なのですがこちらも門司側、下関側両方の花火を見ることができます。がすこし離れているので音は多少小さくはなります。

最後に「風師山の展望台」です。ここは地元の人にも人気のスポットで、かなり綺麗に花火をみることができます。車で頂上付近まで行くこともできるのですが、駐車できても5台程度が限界です。

車を近くのどこかに止めて歩いて登山も可能ですので脚力に自信がある方はおすすめです!

☆まとめ

いかがだったでしょうか?九州最大級の花火大会「関門海峡花火大会」に足を運んでみませんか?確かに夏は暑いですし、花火大会は行くだけで疲れるかもしれません。しかし夏にしかできない思い出、見られない光景を見に行きませんか!?

きっと家族や恋人と、いい夏の思い出作りができると思いますよ。

では、本日はここまで。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - お役立ち ,