暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

ケンタッキーは冷凍できるの?解凍時のポイントなどもまとめてみた

      2017/11/10

☆ケンタッキーに問い合わせて調理法を聞いてみた!

実は著者自身は料理をバリバリするのですが、ここはケンタッキーに電話して聞く事によりより美味しい方法があると思い。本社とケンタッキーフライドチキンの店舗に問い合わせてみました。

本社としての答えですが冷凍保存からの調理法を聞いたところ、フライドチキン自体に保存料を一切使用していないことからお客様の任意でお願い致します。とのことでした。

これは解説しますとケンタッキーフライドチキンとしては冷凍すると味の保証がまったく出来ないということになります。それもそのはずかもしれません。通常は揚げたてをした時点での最高の味をコンセプトを元に商品開発をしていますから揚げたてのフライドチキンをその後、冷凍するという想定はまったくされていないので揚げたての味を100%保証するのはケンタッキーフライドチキンとしては言えなくなってしまいます。

続いて最寄りのケンタッキーフライドチキン店舗にお聞きしたところ、お店の人もやっている方法をご紹介頂きました。店員さんの感想によると、冷蔵・冷凍でもある程度美味しく頂けるとのことでした。

※冷蔵の場合※
まずは電子レンジでアルミホイルを巻いたまま2分から3分 その後オーブントースターで2分から3分で出来上がりになります。
オーブントースターがない場合はコンロのグリルかコンロの上における網があれば火加減に注意が必要ですが十分代用は出来ます。

※冷凍の場合※

冷凍でする場所は凍っていますから最初に電子レンジでしっかり解凍をしてから冷蔵の場合と同じ手順でやれば大丈夫です。

スポンサードリンク

☆おまけ冷凍技術の新革命技術

実は今冷凍やフライ技術に新しい革命が起きてます。
それは皆様も知っているFM電波を当てる事によって保存や調理法を大きく向上出来ます。

揚げ物を揚げる時、水分が混じっていると油が弾けてちょっと怖い思いをした事ありませんか?

それがこの技術を使うと油が弾けなくなります。では一体FM電波をフライヤーで食品に当てると何が起きること言いますと、まず油が弾ける理由は食品の中にある水分が油に流失していることにあります。

しかし食品にFM電波を当てると分子と分子の隙間を埋める働きをし分子が結合します。

これにより油を弾くことが防げます。実証実験として東京消防庁の実験施設でフライヤーの中に電波を出す特殊な装置を入れてあるフライヤーと普通のフライヤーに加熱してある状態で水を油に入れるとどうなるかを実験しました。

普通のフライヤーの方は想像通り油が弾け爆発しかなり危険な状態になりましたが、装置を入れたフライヤーは普通に揚げ物をしているくらいの音と跳ね方でびっくりするほどの違いでした。

これは食品だけでなく油や水分まで電波によって性質を変えることを意味しています。

この技術の凄いところはそれだけではありません。

通常フライヤーで揚げ物をする場合は
その食べ物の匂いが油につきますが
電波を使うことにより分子が結合することによて美味みや匂い水分を閉じ込めることによって油に出なくなります。

これを例えると秋刀魚を揚げてその中にパインやオレンジなどを同じフライヤーであげてもまったくの味移りや匂い移りがしません。

これはとても凄い技術です。しかし読者の皆様はそろそろこれは凄い技術だけどケンタッキーフライドチキンとなんの関係があるのかしびれを切らしていませんか?

もう少し読み進めて頂ければ答えがわかります。

実はこの技術、冷蔵・冷凍にも使えることがわかりました。

ある築地の魚屋がサンフランシスコまで新鮮な魚を空輸しているのですが、
どうしても鮮度が落ちて魚の内臓が溶けて綺麗な魚の身が溶けた内臓で汚れてしまうことに悩まされていましたが、冷凍庫に装置をつけて1時間電波を照射してあとは空輸しただけで鮮度が全く落ちず内臓も溶けていませんでした。

これは魚の内部が空気に触れずに分子に隙間がなく腐食も防げた証拠なのです。

そうですもしこの装置を市販の冷蔵庫に取り付けば冷凍してあるケンタッキーフライドチキンが飛躍的に美味しくなるのです。期間も鮮度も美味しさも段違いに変わります。

さらにこの装置を使えば一種のコーティングで守られているようなものですから通常ならばケンタッキーフライドチキンを2度上げすれば余計な油が染み込み油濃くなり旨味も油の中に溶け混んでしまいますが、このコーティングによりケンタッキーフライドチキンは冷凍のまま油に入れても油は跳ねるどころか旨味を中に閉じ込めたまま
限りなく100%に近いくらいの状態でいつでも好きな時にケンタッキーフライドチキンを冷凍から取り出して美味しく頂けます。

残念ながらまだ市販にまではなっていませんがこの装置を主婦の方や料理をされる方は喉から手が出るくらい欲しくありませんか?

少し長くなりましたがプチ知識としてご紹介させて頂きました。

<前ページに戻る>

ページ: 1 2

 - お役立ち