暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

金正男暗殺計画TVの予言は的中?マレーシア国際空港での事件概要

      2017/02/18

金正恩の異母兄にあたる金正男(キム・ジョンナム)がマレーシアのクアラルンプール国際空港にて命を狙われた件で大きな注目が集まっています。

事件が起きたのは金正男がマレーシアからマカオに向けて出国の手続きをとっている時だそうです。今回の記事では、金正男の身に起きた不幸が実はかつてTVで予言されていたという話が聞こえてきたのでそれに関して見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

☆事件概要

事件が起きたのは2017年2月13日。場所は先ほど述べたようにマレーシアの国際空港でした。犯行は2人の女性によって行われました。1人が金正男に向けて毒ガスの入ったスプレーを噴射し、もう1人は金正男の口をハンカチで抑えるという段取りだったようです。

この2人は北朝鮮の工作員とされています。ということは、金正男は自国の民によって命を狙われてしまったことになりますね。しかし一市民の個人的感情による犯行ではなく、最上部からの命令だったとされています。

犯行を行った2人の女性は既に命を自ら断ってしまった為真相解明は困難を極めるでしょう。

ただ、現トップの金正恩と金正男は後継者争いを行った経緯があることや政策の考えが違うことから度々対立を繰り返してきたそうです。北朝鮮のトップである金正恩の意思なのか、とも思えますね。

スポンサードリンク

☆今回の出来事は予言されていた?

近年様々な予言が現実になっているとして「イルミナティ・ニューワールドオーダー」というカードゲームが注目を集めています。こちらは1995年にアメリアのゲーム制作の会社が作成したものです。

未来の出来事の予測が書かれているとされ、実際に東日本大震災など的中した事例もみられます。今回注目されているのはこちらのカード「Enough is Enough(いい加減にしろ)」です。トランプ大統領に似ているため、過激発言を繰り返すトランプ氏に対する言葉なのかと噂になっていましたが...。

金正恩が最高指導者として政権をとった後も金正男は金正恩の政策に反対の意を唱え続けていました。そんな金正男に対して、金正恩が思う「いい加減にしろ」という思いを示しているのではないかというのです。

スポンサードリンク

☆まとめ

北朝鮮の後継者争いと言うのはおそらく日本普通に生活している私達からしたら想像もつかないものなのでしょう。一国のトップを務める存在になるわけですからね。本来であれば仲良くしていくはずの親類も、跡継ぎ問題が生じれば一瞬で決別してしまうこともあるでしょう。

いずれにしても今回の出来事は金正恩のさしがねによって発生した事件だと考えることができます。犯行の2人が既に自ら命を立っているところからして尋常ではないですからね。普通ではない何かしらの力が加えられたとみるのが妥当しょう。

では、今回はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - ニュース ,