暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

小林麻央余命最新情報!4月16日余命の占いは誰?

      2017/04/25

小林麻央さんが再度入院するという事態になっており、心配する声が挙がっています。まだ退院して間もない時期ですから、ここまで早く再度入院ということになってしまい筆者としても非常に心配なところです。

先日公開された小林麻央さんのブログKOKOROには「10歩あるくのもやっと」といった記載もありましたから突然かなり様態が悪化したことが見て取れます。さて、今回の記事では小林麻央さんの状態に関して直接見ていくのではなく、小林麻央さんの体調を予言していた占いがあるという怪しい情報があったためそちらに注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

☆小林麻央の余命4月16日の謎

さて、現在ネット上では「小林麻央 余命 4月16日」というワードで多くの検索がされています。筆者が記事を書いているのは4月23日ですが、小林麻央さんは生きているにも関わらずなぜ過去の16日の日付が注目されているのでしょうか。

調べてみると、4月16日はとある女性占い師が予言した日時であり、その占いによると小林麻央さんの体調は4月16日から相当深刻なものになると予言されていたのです。

その占いをしたという女性の名前は「天瀬ひみか」といいます。占いの内容を一部抜粋させてい頂きます。

「週刊文春」の麻耶さんのインタビュー記事に「劇的に回復に向かっている」とあったと知人から聞いて少し安堵していたのですが…コード152へのパッセージがついに1週間を切った現在、心配していた予兆が出始めてしまったみたいです。

まず最初に、コード152ゾーンにプログレス太陽が入座する4月16日の当日から18日にかけては、コードのゾーンパッセージ現象により、152エネルギーが早々に特異点ピークに加速増大する危険性が高いので、最大限の注意が必要です。

そこが最初の関所、越えるべき山となります。

正直ゾーンだのなんだのという話はよくわかりません。ただ、4月16日〜18日にかけて最大限の注意が必要であること、そこで起きる出来事が最初の越えるべき難題であることは見て取れます。この記事を天瀬ひみかさんが書いたのは4月10日のことでした。

そして実際にこの日程で小林麻央さんは急激に体調を崩されていますね。ネット上で4月16日という日程が注目を浴びたのはこのブログの記事が原因だったのですね。

さて、無事とまではいいませんが一命をとりとめた小林麻央さん。なんとか天瀬ひみかさんの予言である「最初の関所」を突破しましたが、油断はできません。なぜなら今回の事態を想定していた天瀬ひみかさんは今後に関しても難しい予言をしているのです...。

スポンサードリンク

☆小林麻央さんの今後の占い

天瀬ひみかさんのブログを見ていると、最初の関所を乗り越えた後の占いも記載されていました。内容は以下になります。

今回、小林麻央さんの〈年運〉をコードする「進行の太陽」が4月16日にコード152ゾーンに新たに入座しましたが、それまでのコード151からコード152に切り替わるそのパッセージ期間の、特に境目となった4月16日〜18日に、あらかじめコードが予告していた通り、麻央さんを「急激な体調の悪化」が襲ってしまいましたが、それと同様、今後麻央さんの月の運勢がコード220からコード221に向けて急速に運気が降下していくこれからのパッセージ期間、ならびに、特にその切り替わりの境目となる5月1日〜3日は、今回の三日間(4月16日、17日、18日)に訪れたファーストインパクトに続く、大変危険なセカンドインパクトが訪れることが強く予想されます。

エネルギーに負けないで、次の「山」も無事に乗り越えて頂けることを祈ります。

なんと、5月の最初に再び小林麻央さんをかなり深刻な事態が襲うのではと予言されています。「大変危険なセカンドインパクト」と表現していますが、一体どのような状態を想定しているのでしょうか....
いずれにせよ、一度16日の件で予言をあてていますから単純に無視してしまうのも違う気がするのです。

何ごともなければ一番良いですが、もし何かあってもきっと耐え抜いて下さい。

みんなが小林麻央さんの回復を心待ちにしています。

スポンサードリンク

☆まとめ

小林麻央さんの寿命に関する4月16日という日時は、占い師が予言した小林麻央さんの体調が悪化するタイミングをさしたものでした。今後も小林麻央さんの身に大変な出来事が起きる可能性が示唆されていますが、何が起きてもなんとか耐え抜いてほしいなと思っています。

では、今回の記事はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - 芸能