暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

古河花火大会2017年は有料席でちょっと贅沢に!価格や場所まとめ

   

 

夏の夜空を彩る打ち上げ花火。

毎年7月から8月にかけて全国各地で花火大会が開催されます。

離れた所でも、お腹の底に響くようなあの打ち上げ音を聞くと、なんだかうずうずしてきませんか?

今回は関東地方の数ある花火大会の中でも茨城県古河市の古河花火大会についてご紹介します。

有料席や駐車場、おすすめ穴場スポット情報もありますので、お出かけの際はぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

☆古河花火大会2017の概要と見どころ

第12回古河花火大会〜わたらせの夏の夜空に咲く大輪〜

日時:平成29年8月5日(土) (荒天の場合は翌日)

午後7時20分~午後8時40分

会場:古河ゴルフリンクス(渡良瀬川河川敷)

打ち上げ発数:約20,000発(関東最大級)

交通アクセス:電車の場合、JR宇都宮線「古河駅」西口

から徒歩20分、東武日光線「新古河駅」から徒歩5分。

車の場合、東北自動車道「館林IC」から約25分、

「久喜IC」から約35分。

当日は会場周辺で交通規制がありますので、時間に余裕を

持って出かけましょう。

古河花火大会の一番の目玉は、重さ300kg、超ド迫力の

三尺玉(お値段1発150万円!)です。

開花高度は600m、開花直径はなんと650mもあり、

見る人を圧倒します。

その他にも音楽に合わせて花火が上がる「メロディー

スターマイン」や、お子さん向けのキャラクター花火が

あり、飽きることなく楽しめます。

また、

・河川敷(堤防)の場所取りは、例年花火大会前に行われる

草刈りが終わってからにしましょう。

・大会本部、有料席(ブルーシート)は場所取りをしては

いけません。撤去されます。

古河花火大会2017の有料席・駐車場・穴場スポット情報

スポンサードリンク

☆有料席の詳細

古河花火大会の有料席は、ブルーシート席です。

(堤防に1.8mX1.8mのブルーシートを敷いたもの)

定員4名で、値段は10,000円。

1人2席まで購入できます。

昨年は7月1日から販売されたので、今年も同じ

日時だと思われます。

販売場所は総和第二庁舎3階会議室のみとなります。

先着順で、電話での予約はできないそうです。

販売日時や場所は昨年のものを参考にしていますので、

今年の詳細は古河花火大会ホームページをご覧ください。

お子さん連れの方や、友人と大人数で観覧する方は有料席が

おすすめです。

場所取りをすることもなく、ちょっと贅沢な気分で

ゆっくり花火を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

☆無料駐車場

古河花火大会では、以下の施設が無料駐車場として

開放されます。(約2,000台分)

古河第一小学校・古河第二小学校・古河第三小学校

古河第六小学校・市役所古河庁舎・古河総合公園

古河福祉の森会館

いずれも学校など公共施設ですので、ルールや

マナーをしっかり守って利用しましょう。

☆おすすめ穴場スポット

人混みが苦手という方や場所取りに行けない方には

打ち上げ場所からは離れますが、こんな穴場スポット

もありますよ!

○イトーヨーカドー古河店 屋上駐車場

例年、花火大会当日は無料開放して下さるそうです。

飲み物や食べ物もすぐ買いに行けますし、トイレの

心配もないので、小さいお子さん連れの方も安心です。

○イオン古河店 屋上駐車場

同じ屋上駐車場ですが無料開放ではないのでご注意ください。

こちらも、飲食物、トイレの心配はありません。

打ち上げ場所から遠くなりますが、花火はきれいに見えます。

○新古河駅周辺の土手

打ち上げ場所の対岸です。埼玉県エリアになるので

あまり混雑しません。

ただ、低い位置に上がる花火は少し見えづらいかも。

☆まとめ

いかがでしたか?

古河花火大会は今年が12回目で、歴史はそれほど

長くありません。

それでも全国から50万人以上の人が足を運び、

美しい打ち上げ花火に魅了されます。

あなたもぜひ、他ではなかなか見ることができない

三尺玉の迫力を体感してみてください!

 - お役立ち , ,