暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

眞子様の結婚指輪メーカーはどこ?入倉康ジュエリーが候補?

      2017/09/18

おはようございます。こんにちは、こんばんは、悲しいニュースの中、嬉しいお知らが報じられています。

今回は眞子様の指輪についてスポットを当てて行きます。

どうして指輪をはめるようになったのかなどなど盛りだくさんの内容になっています。

スポンサードリンク

☆指輪の歴史は古かった?!

指輪の歴史は古く遥か古代エジプトからありそれが起源だと考えられています。当時は武器やファッションなど色々な事にも使われていました。

しかし日本で指輪が広まったのはなんと最近の事なのです。1945年ごろつまり戦後に普及し始めました。

当時は戦後とあって西洋などから伝わり結婚式のあり方はここら辺から変化がありました。 和風の日本ながらの挙式と西洋式のウェンディングドレスの結婚。 昔ながら西洋風はかなり人気もあったようです。

☆婚約指輪 結婚指輪の意味は?

結婚指輪と婚約指輪の違いてなんだろう?ここではこの違いをお伝えします。

まずは婚約指輪ですが、これは別名でエンゲージリングとも言われたりしますが、男性が女性へ愛を伝える印として渡す指輪になります。

そして結婚指輪の方は、男女がお互いの指輪を交換して永遠の愛を誓います。こちらはマリッジリングとも呼ばれ、結婚をしている証にもなります。

このような結婚式では9割以上の方が指輪を購入するというデータもあります。

スポンサードリンク

☆眞子さまの結婚指輪

眞子さまの指輪は一体どんなものなのか気になりますよね。早速ご紹介します。

メーカーは入倉康ジュエリー工房というところで、秋篠宮様の研究されているナマズをモチーフにされた指輪だそうです。

担当した職人もプレッシャーを感じながら制作に挑まれたようで良いものが出来るようにと努力されたそうです。

さらに入倉康ジュエリーを調べてみると凄いところでした。

まず従業員は全て25年の熟練者ばかりで、一つの指輪は全て1人でやるそうです。ほとんどが手作業で手間暇かかり、その熟練した職人の想いが指輪に伝わってくるようでした。

ぜひホームページで見て欲しい指輪だと思いました。
眞子さまの結婚指輪にはピッタリです。やはり選ぶお店もそれなりなんだですね。

けれどやはりいい指輪というのは人の気持ちが込められていればいるほどよいそれは間違いないでしょう。

この入倉康の他にも指輪メーカーはたくさんあります。

聞いたことのあるバッグのブランドや良いものを扱うお店、値段もかなり高額なものまであります。ですが不思議と眞子様の選ばれた入倉康の結婚指輪は見た人を引き込ませる力があります。

結局のところ素材や値段よりも色々な気持ちが込められたものというのはお金では買うことが出来ないそう思わせてくるぐらい凄い指輪です。

スポンサードリンク

☆まとめ

いかがだったでしょうか、男性も女性も人生の深い思いでを残す結婚式、
そして男性から女性へ愛の印として捧げる婚約指輪 互いの永遠の愛を示す結婚指輪。

嬉しい涙に新しい旅立ちの門出を祝う涙 喜び合う友の歓喜、新郎新婦の父・母への感謝の言葉

眞子様のご結婚はこのようなことを教えてくれたのではないでしょうか、小さな丸いリングが形として残すことで、結婚生活が10年30年50年と時間の経過と共に、初々しい気持ちが少し色あせた時 自分の指をパッとみると色褪せることなく輝きを放つ指輪が見せてくれるのはその結婚した当時の感動そのものなのです。

だから古来より夫婦が愛を忘れないようにする為、指輪とはその愛を守り続ける役目を持つ為、出来たのだろう。これって大切な事ですよね。
こうして見ると沢山のことがわかりましたね。

もしかしたらこれがよい結婚式のヒントになるかもしれませんね。私達も幸せになりましょう!

 - エンターテインメント, 芸能