暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

舛添要一の子供に障害?学校はどこ?

      2016/05/29

☆舛添要一の炎上問題

 


[http://bravery.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_6d4/bravery/masuzoe1.jpg]

現在私的な支払いに税金を当てたとして
大問題になっている舛添要一。

実は子供に対する仕打ちでも問題が...

現在注目されている
問題点は氷山の一角なのかもしれません。

舛添都知事は仕事面だけでなく、
家庭に対してにも問題行動を起こしています。

舛添要一といえば、
元嫁で議員の片山さつきさんがいますよね。


[http://livedoor.blogimg.jp/sopiez/imgs/5/7/576a965d.jpg]

みなさんは舛添要一が
片山さつき議員と結婚している時、
不倫をしていたことをご存知でしょうか??

現在ネットでは、
その不倫の際に不倫相手の人との間にできた
子供に対する扱いが酷いと話題になっています。

舛添要一ってヤバイのか??

一体なんの問題を起こしているんだ?
って気になりますよね。

今回は舛添都知事の問題行動と
女性関係に関して迫っていきます。

☆舛添要一の子供への対応

仕事面においては、
東京五輪開催決定などに大きく貢献した
舛添要一ですが、

障害者の出場するパラリンピックを全力で後押しする
舛添要一の事を信じられなくなるような
過去があるようです。


[http://image.news.livedoor.com/newsimage/0/b/0b668c80c482ac11bf0209f6ceba06d7-m.jpg]

舛添要一は先程も書きましたが、
過去に不倫をして子供ができています。

その子供が重度の障害を持っていたとか...

障害は「自閉症」だったようです。

通っていた学校に関しては未公表のようですね。

ここでの舛添都知事は、
自身のキャリアを守るため、
「認知」を断固拒否しました。

まあ、この話だけでもう最低なんですが(´・ω・`)

養育費をしぶしぶ送り、2年後にようやく認知したようです。

子供が障害を抱えているので、
お母さんはさぞ生活も大変だったと思います。

しかし、一切自らは関与せず、
わざわざ弁護士を通じて
「連絡してくるな」の一言。

もはや時代劇の悪役バリの発言ですw

一ヶ月あたり22万円の養育費を
払っていたようですが、

本当に自分勝手だと思います。

 

☆女性と子供に対するさらなる仕打ち

数年前になりますが、
2012年の4月を持って、扶助費の減額を実行しました。

理由としては、
・子供が成人を迎えたこと
・自分の収入が減り、余裕がなくなったこと。

だそうです。

障害を抱えているのは
成人しても同じです。
毎週毎週病院に通い、治療を続ける必要があるので、
その時の不倫相手は今でもフルタイムで働いているといいます。

お金にもだいぶ苦労しているんでしょう...。

そして自分の収入が減って余裕がないと行っていますが、
資産にして約4億円を越える金額を所有し、
事務所の土地等を含めるとそれ以上の資産を保有しているのでは?

と言われている舛添都知事ですから、
そんなの信じられませんよね。

どんな生活レベルを送っているのでしょうかw

不倫相手との話し合いも
全く応じることはなかったそうですね。

不倫相手の母親はこう語っています。

「孫が生まれてしばらく経って、1度だけあの人に会いました。そのときの態度、口ぶりは一生忘れません! 開口一番、あの人が口にしたのは『2千万円でいいですか』という言葉でした。金は払うから、この子の認知はしない、養育費も払わない、今後いっさい面倒をみないという意味だったと思います。娘と子供を切り捨てるための手切れ金として、いきなり『2千万』と言ったのでしょう。娘はストレスで体調を崩しました。障害を抱えた子供の面倒を一生みるのがあの人の責任です。社会保障の充実を訴える陰でこんなことを平気にできる……。人の道を外れたことを平気でする男が都知事になって、本当に大丈夫でしょうか……」 新知事の公約は、はたして本当に守られるのだろうかーー。(引用「女性自身」より)

 

☆舛添要一の女性関係

舛添都知事は結婚を三回しており、
子供は5人いるようですね。

中には外国のかたもいたとか。

不倫相手に対する仕打ちを書きましたが、

これに関しては前妻の片山さつき議員が答えています。

慌しく始まった結婚生活でしたが、「平穏」だったのは最初の数週間だけ。 そして彼は2ヵ月で「約束」を反故にしました。 「遅く帰ってきやがって!」突然、彼は怒り始めたんです。 仕事で遅くなっても終電やタクシーで、日付が変わる前には帰宅しようと努力していたんですが……。 いきなりキーッとなって、理由もなく怒鳴る。一方的にまくし立てて、私の言うことは一切聞かない。話し合いにすらなりません。その辺にあるものを、手当たり次第に投げつける。後の話ですが、炊飯器の上蓋が割れていたことも。 またある時は、サバイバルナイフなどいくつものナイフを私の目の前にズラーッと並べた。彼は、ナイフの収集が趣昧だったんです。 しかも、そのうちの一つの刃先を私に向けたことまであります。 充分過ぎるほどの威嚇行為でした。今で言えぱ「DV」ということになるんでしょうか。彼は身体も大きいし、ワーツと大声で責め立でてくるので怖かった。ただただ、怖かった。 私から離婚調停を申し立て、正式に離婚が成立したのは結婚の2年3ヵ月後でした。時間を掛けたのは、世間体を考えてのことに過ぎません。実際は、のべ半年も同居していません。

ヤバイですよねww
怖すぎるww

不倫相手も自分からアプローチしたようですし、
いざ子供が生まれ障害児とわかると
キャリアを守るために捨ててしまう。

みなさんはどうおもいますか...??

☆まとめ

政治家としての彼は賛否両論あれども有能なのでしょう。
実際都知事にまでなっていますからね。

ただ、彼も一人の人間。

完璧な行いなどできていないのです。

今回の税金の件も結局認めましたが、
大きな問題を起こしています。

人間関係でも問題を起こしています。

国民、特に都民がこの事実を知った時、
どう反応するんでしょうかね...??

こわいこわい(;・∀・)笑

では、今回はこの辺で
最後までよんでくださり、ありがとうございました。

 - ニュース ,