暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

マットレスカビの取り方はどうする?快適な睡眠を得るための必須知識

      2017/09/28

突然ですが、みなさんはマットレスのお掃除はどうされていますか?

マットレスのマットって物凄く重たくて掃除の時、結構なストレスが掛かるのでついつい後回しにしてしまったり、上だけ掃除機をあてて放置なんてザラですよね。

けれど、その掃除法ばかりで終わらせていたら、いつの間にかとんでもないことに・・・

そこで、今日はマットにカビが繁殖しないために出来る正しい掃除法やカビが付いてしまった時の対処法を簡単にご説明したいと思います。

スポンサードリンク

☆カビについての予備知識

普段ある程度お掃除しているのになぜか、寝る時に咳が止まらない。

お風呂に入っているのに体が痒い、マットが少しツンとし誇りくさい臭いがする。

なんて症状が現れたら、マットレスを疑ってみて下さい。

【カビの種類】

  • 黄色茶色のようなカビ
  • 黒カビ
  • まだまだ無数にカビの菌は増えている

【カビによる症状とは?】

  • マットで横になると咳が止まらなくなってしまった
  • 咳をし過ぎて胸が痛くなってしまった
  • 発熱の症状が出てしまった
  • くしゃみが止まらない
  • 鼻のつまりがある
  • 腹痛で、お腹を壊したり

などの症状が現れるそうです。

軽い症状の場合、なかなか病院へ行く気力もなく放置してしまいがちですが、体がアレルギー反応を起こしてしまったりして、症状が酷くなってしまうので大変です。

カビを侮ってはいけません。

そこで、次は掃除に正しい掃除法をするために必要な掃除の道具をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

☆掃除に執拗な道具とは?

まずは、カビを取るための道具を用意しましょう。

  • 要らなくなったタオル(マットレスを拭くので、なるべく清潔な物を用意しましょう)
  • カビの雑菌のためのエタノール、消毒液
  • 洗剤(スプレータイプ)
  • 洗剤(ジェルタイプ)

カビ取りに必要な洗剤は、ショッピングセンターやアマゾンや楽天で購入可能です。

カビ取りには2種類あり、洗剤のタイプとジェルのタイプの2種類がありますが、ここで、少し2種類に付いてまとめてみました。

  • ジェルタイプ ジェルタイプは広範囲のふき取りはできませんが、濡れタオルなどで、ジェルを伸ばして範囲を広げることが可能です。
  • スプレータイプ スプレータイプは、マットに吹きかけて、汚れを落としますがマットにスプレーの水が入っているため、広範囲の部分まで、伸びますが、マット部分のカビを落とし終わった後は、乾かすのに時間がかかります。

洗剤はこの様に2種類タイプがありますが、どちらも、いい部分と悪い部分があります。

それを踏まえた上で、洗剤を選びましょう。

スポンサードリンク

次は、カビ取りの掃除の方法についてご紹介します。

  • カビがマットレスに、付いてしまっている時の対処方法は

もうすでに、カビがマットレスに付いてしまっている時(カビによる変色を落とす)と(カビの雑菌)の2種類のころですが、カビによる変色で、黒くなってしまったり、黄色に変色してしまっていたりしますが、この様な場合は、処置が少し面倒です。

強力な洗剤で落とす方法が一番落としやすいのですが、この方法は洗剤がキツ過ぎると、マットレスの淵に洗剤が付いてしまうと、淵が変色したりしますので、余りおススメしませんが完璧に戻したい方は是非お試し下さい。それ以外にも多数方法がありますので、ご紹介いたします。

カビの雑菌方法としては、

カビは雑菌していないと、またすぐに繁殖してカビの仲間を増やしますので、雑菌して、カビを根本から落としてから、カビをしっかりと落としましょう。

まず、お掃除を始める前に、窓を開けて少しお部屋を喚起しましょう。

次に、カビの元となる、カビの菌にエタノールを付けていきます。

この時カビ菌にエタノールを付け、カビ菌を雑菌するイメージで、付けていきます。

マットレスにカビが付いている部分全体にエタノール消毒をしっかりと付けていきます。

この作業が終わったら、窓に近い場所にマットレスを立てかけて、消毒液を乾かす作業をします。大体1時間程度乾かします。

マットレスが乾いたら、要らなくなったタオルを使ってタオルで、マット部分をふき取ります。この様にするとマットのカビ部分の色が薄くなってきていることに気がつきますので、しっかりふき取って綺麗にしましょう。

マットレスの汚れが落ちたら、マットがしっかり乾くまで、マットを干します。

この時、ドライヤーを軽くかけて乾きを速くして上げてもいいです。

この方法がマットレスのカビを雑菌して、落とすという方法になります。

次にご紹介する方法は、

【落ちにくい黒カビがマットレスに付いてしまった】

マットレスに黒いカビが生えてしまった時の対処法としてマットレスに黒いカビが生えてしまった時はインターネット販売やホームセンターの洗剤を使い落としていきます。

余りにもカビが酷い場合や特集な作りのマットレスであれば、お家のお掃除業者さんに頼むべきですが、それ以外であれば、この方法で大丈夫です。

まず、ジェルタイプとスプレータイプかの洗剤を、マットレスの黒カビが生えてしまった部分につけます。時間を数分置き、洗剤が、マットのカビの部分に浸透したのか、を観察します。しつかり、浸透していることを確かめられた、要らなくなったタオルを熱いお湯につけ、しっかりとしぼります。

そのタオルで、洗剤の付いている部分をふき取ります。その後マットレスを窓ぎわに立てかけ乾かします。

その後、カビが繁殖しない様に、先ほどと同じ様に雑菌のため、エタノールをふりかけ、ふき取り、乾かします。

この様な作業を繰り返すことでマットレスに付いたカビを落としていきますが、時間もかかりますし、ホントに面倒です。

では、カビが生えないためにも、普段から私たちが出来る工夫はマットレスを、お掃除の際に持ち上げ、マットレスの下の部分も確認し、誇りやゴミなどをしっかりと掃除機で吸い取ります。

そして、大切なことが、日当たりの良い場所に、マットレスを干してあげることです。

マットレスは少し重たいですが、こういったことを小まめにすることによりカビの繁殖を防げるのです。

☆まとめ

ここまでいろいろなカビの対処法をご紹介してきましたがどうでしたでしょうか。身近なところに潜んでいるカビを放っておくと大変なことになります。自分や家族の健康の為にも、しっかりと対処して健康で快適な睡眠ライフを過ごしましょう。

では、今回はここまで。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - お役立ち