暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

森本憲盗撮動画サイト運営で逮捕!沖縄拠点に10億超の売上?

   

盗撮した動画などを個人が特定できるような形でネット上にアップロードしたことで、サイト運営者・関係者17人が逮捕される事件が発生しました。動画総数はなんと2000本以上。どの程度の動画が個人特定まで可能なものかは不明ですが、相当数の動画を運営サイトにアップしていました。

今回の記事では、逮捕されたサイト運営関係者に関する情報や、どのような容疑で逮捕されたのかに関してまとめていきます。

☆逮捕されたサイト運営者

サイト運営の実質的な代表を務めている男性でした。

氏名:森本憲
年齢:49歳
住所:沖縄県宜野湾市宇地泊(ぎのわんしうちどまり)

逮捕された関係者は全員で17名と報道されています。そのうち15人は既に起訴されているとのことです。彼らがこの盗撮動画を集めたサイトを通して得た売上は、2014年からの約2年半の期間で10億円にもなります。

彼らが逮捕されたのは、昨年の7月に「盗撮された画像などがネット上で配信されている」と福岡県警に20代女性が相談を持ちかけたことがきっかけとなりました。そこから県警の調査が開始され、今年2016年8月に沖縄県宜野湾市をはじめとする19拠点を家宅捜索・動画保存されているハードディスクを押収したという流れです。

☆動画配信の手法や動画収集方法

彼らはどのようにして違法動画を配信し続けていたのか。調べてみると、日本のサーバーではなく、スウェーデンのサーバーを経由して動画配信をしていたとのこと。そしてアメリカドルにて料金を支払ったサイト会員に対して違法に撮影した動画などを配信していました。

県警の調査によると、サイトの中には福岡県内の商業施設における盗撮動画も発見されており、昨年女性が相談していた内容が真実だったとより強い裏付けとなりました。また、盗撮動画の中には一般人を無差別に撮影したものではなく、顔にモザイクをかけて「芸能人」として配信された動画もあるといいます。

彼らは積極的に動画買い取りも行っていたようで、盗撮した動画を高値で買いとることもしていました。そもそもの行為が犯罪であることや、盗撮を助長している行為に当たりますので本来あってはならないサービスですね。

☆逮捕容疑

盗撮動画をネットにアップしてサイト運営をしていた17人の関係者。彼らの逮捕容疑をまとめます。

まず挙げられるのが以下になります。

わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管容疑

分類としては、わいせつ物頒布等の罪に該当するもので、

・2年以下の懲役
・250万円以下の罰金若しくは科料(軽微な金銭徴収)

このどちらか、または両方が課せられる事になります。
わいせつ物を販売目的で故意に所持していると問われる罪になります。

さらに今回は動画配信に直接関わった8人に対してプラスの容疑がかけられています。それは、「リベンジポルノ防止法違反」「名誉毀損容疑」によるものです。今回の事件では、身元がわかる形で盗撮動画を勝手に配信していることや、芸能人の盗撮動画として顔モザイク付きで動画を配信しています。

当然特定された個人は自分に見に覚えのない動画がネットに上げられているため、名誉を大きく既存されていますよね。よって名誉毀損が適用されます。

リベンジポルノ防止法は施行されたのが2014年と、最近できた新しい法律になります。近年では元交際相手とトラブルになった際、相手の裸の画像や動画をネットにアップして復讐を企てる人が増加してきたためその防止策として施工されました。

この法律の注目点としては、面識のない相手に対しても適用できることです。今回の盗撮事件は、被害者と加害者に面識はありませんが問題なく適用可能です。量刑に関しては、撮影された対象者が判別できる場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます。

また、この法律は画像・動画を不特定多数に広めた人だけでなく、その行為をさせるために画像や動画を提供した人にも適用されます。その場合の量刑は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます。

ちょっとわかりづらいので、具体的に登場人物を用いて説明します。

Aさん:Bさんに対して動画を提供
Bさん:自分のサイトにAさん提供の動画をアップ

このような場合、Aさんには1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられ、Bさんには3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられる事になります。

☆まとめ

今回の盗撮サイトの運営によって個人が特定される動画を配信されてしまった人が大勢いるのだと思います。自分の知らないところでそのような物がネットで半永久的に残る形で有償提供されているなどと知ったら大変なショックを受けてしまうでしょう。

昨年福岡県警に相談を持ちかけた女性は非常に勇気のある方だと思います。そのきっかけが今回の犯人逮捕につながりました。

今回の事件は個人の名誉を毀損しているだけでなく、他にも損害を出しているといえます。例えば、盗撮が行われた福岡県の商業施設です。検査が行われているでしょうから、現在は大丈夫だと思いますが、盗撮が行われたなどとお客様が知れば施設に行きたい気持ちも失せてしまうでしょう。少なくとも私は行きたくありません。

お店の売上にも関わってくることですよね。自分たちの利益のために、大勢の心に傷をつけて被害を出しているという事を自覚し、しっかりと罪を償ってもらえればと思います。

それでは、今回の記事はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - ニュース ,