暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

室田裕二万引きで逮捕!美深警察署副署長の驚きの行動とは?

   

警察署の副所長が万引きを行って逮捕されるという衝撃の事件が発生しました。

内容についてみていきましょう。

☆事件概要

まず初めに逮捕された警察署・副所長の情報について
見ていきたいと思います。

名前:室田裕二
年齢:57歳
職業:警察官

室田裕二容疑者は北海道の名寄市(なよろし)にあるホームセンターにて2,625円相当の商品をレジを通さずに盗んだ疑いがかけられています。

どのホームセンターでの犯行かは明らかにされておりませんが、名寄市のホームセンターで検索をかけるとDCMホーマック名寄店かニトリイオン名寄店などがヒットしますね。

商品としては漂白剤や白髪染めなど、本当に単なる日用品で額も大金が必要なものではありませんでした。

すでにタイトルにも載せておりますが、室田裕二容疑者は警察署の副署長を務めるほどの人物ですから日用品を買うにも困っているとはなかなか考えにくいですね...。

スポンサードリンク

☆室田裕二容疑者勤務の警察署

さて、室田裕二容疑者の勤務している警察署に関して情報を見ていきましょう。

室田裕二容疑者が勤務している警察署は北海道の美深町(びふかちょう)にある美深警察署です。

昨年4月に美深警察署・副署長として赴任してきました。

以下が地図になります。

筆者は北海道出身でもないため、北海道の地理には詳しくありませんが地図を見てみると美深町と今回の事件が発生した名寄市は距離も近いのですね。

おそらく室田裕二容疑者はこの近くに住んでおり、休日によったホームセンターにてふと魔が差してしまったのでしょう。

スポンサードリンク

☆万引きの量刑は?

よくテレビ番組などで万引きGメンの活躍が特集されることがありますね。皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

店外に出たところで万引きGメンの人が声をかけ店の奥の事務室にて話を聞いていますね。そこの話で反省の色が見えなかったり複数回の犯行を繰り返している人だと警察へと通報警察が現場に駆け付けます。

テレビに映されるのはここまでの映像しかないのが基本ですが、実際にそのあとはどのような処罰が下されているのか具体的に調べた人は少ないのではないでしょうか。

私も今回の件が起きるまで調べたことはなかったのですが、実際の現場では初犯や少額などのケースでは警察の注意や検察官による注意(不起訴処分)で終わるケースが多いそうです。

回数が増えたり店側との示談が成立しないなどの状況になればそれなりに重い量刑になってくるそうですが...。

スポンサードリンク

☆まとめ

「万引きは犯罪です」というような張り紙を一度は見たことがある人が多いのではないでしょうか。軽度なものでも、罪は罪である。そのように指導をする側の人が起こした今回の事件は、同じ警察署で働く警察官をはじめ地域の人にマイナスな影響を与えてしまったのは間違いないでしょう。

どんな時でも自制心をもち、正義を貫くかっこいい警察官でいて欲しかったですね。

では、今回はここまで。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - ニュース