暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

国立西洋美術館が世界文化遺産登録!ル・コルビュジエの建築作品

   


[http://static.panoramio.com/photos/large/90929306.jpg]
日本にて新たな世界遺産が登録されました。

決定したのは、17日にトルコのイスタンブールにて開催された
ユネスコの世界遺産委員会の協議によるものです。

登録されたのは日本にある国立西洋美術館本館に加え、
全世界7カ国17の資産で構成される「ル・コルビュジエに建築作品」です。

登録分野としては、世界文化遺産。

日本国内にて登録をされた世界文化遺産は16件目。
自然遺産も含めれば20件目になります。

今回の記事では、世界文化遺産に登録された
ル・コルビュジエの建築作品について見ていきます。

目次
・ル・コルビュジエとは?
・国立西洋美術館について
・登録された世界文化遺産

☆ル・コルビュジエとは?


[https://tokyotimetravel.files.wordpress.com/2011/09/k62301770.jpg]

ル・コルビュジエはフランスにて
活躍した建築家です。

国籍:スイス / フランス
生年月日: 1887年10月6日
死没 1965年8月27日(満77歳没)

ル・コルビュジエは世界的に有名な建築家で、
ミース・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライトと並んで
近代建築の三大巨匠」と呼ばれています。

国立西洋美術館のHPからル・コルビュジエの
紹介を引用いたします。

ル・コルビュジエ(1887-1965)は、スイスのラ・ショ-=ド=フォンに生まれ、当地の美術学校で学んだ後、ウィーン、ベルリンで建築・工芸の新しい運動に触れ、パリでキュビスムの影響を受けました。
1918年、理性的で秩序のある構成を目指すピュリスム(純粋主義)を唱え、画家としてデビューし、雑誌「エスプリ・ヌーヴォー」でそのピュリスム運動を展開しました。
建築は、ペレ、ベーレンスに短期間師事したほかは独学で、1927年、ジュネーヴの国際連盟本部の設計コンペティションに当選して建築家としての名をあらわしました。代表的な建築は、ポワッシイのヴィラ・サヴォア(1929-31)、マルセーユのユニテ・ダビタシヨン(1947-52)、ロンシャンの聖堂(1950-54)などがあります。
ル・コルビュジエ建築の特徴は、ピロティー(柱)、骨組みと壁の分離、自由な平面、自由な立面、屋上庭園にあります。当美術館の本館はこれらに加え、展示室の中心にスロープで昇っていく渦巻き形の動線に特徴があります。
引用:https://www.nmwa.go.jp/jp/about/building.html

代表的な作品はこちら

サヴォア邸


[http://3-jin.sakura.ne.jp/sblo_files/3-jin/image/DSC_0040-z.jpg]

・ロンシャンの礼拝堂

[http://m-louis.jpn.org/fr/images/100208_1514_ronchamp.jpg]

・ラ・トゥーレット修道院

[http://arch-hiroshima.main.jp/main/a-map/france/tourette02L.jpg]

☆国立西洋美術館について


[http://www.jalan.net/theme/isan/images/isan_phIS017.jpg]

国立西洋美術館は松方コレクションの展示を
基として昭和34年に設立されました。

松方コレクションは日本を代表する実業家の
松方幸次郎が集めた美術品の事を指しますが、
第二次世界対戦の後にフランスに差し押さえをされていました。


[http://www.nmwa.go.jp/jp/collection/permanent/img/ph_matsukata.jpg]

しかし、元は松方幸次郎の集めたもの。
返還されなければおかしいですよね。

交渉の結果、日本に松方幸次郎のコレクションを返還する
条件として日本に国立西洋美術館が建てられることになったのです。

本館設計は日ル・コルビュジエによるものなのですが、
完成には日本人の尽力も欠かせませんでした。

基本的な構想設計はル・コルビュジエが行いましたが、
前川國男板倉準三吉阪隆正の三人が
実施設計ならびに監理を務めました。

新館に関してはこの前川國男が設計したとのことです。

ちなみに、ル・コルビュジエが日本で建築設計した
建物はこの西洋美術館本館のみです。

歴史的に非常に価値の高いものなので、
日本国内でも多くの評価を得てきました。

1998年:公共建築百選に選定
2003年:DOCOMOMO JAPANに選定
2007年:重要文化祭に指定

そして2016年の7/17に
世界文化遺産への登録がされました。

☆登録された世界文化遺産

今回世界文化遺産に登録されたのは
世界7カ国17資産におよぶ「ル・コルビュジエの建築作品」です。

日本の国立西洋美術館本館はその中の1つなのです。他の資産としては、西洋にある礼拝堂や修道院、
そして住宅などが選ばれました。今回登録された国立西洋美術館本館は2009年と2011年に世界文化遺産への登録が検討されましたが、当時見送られた資産なのです。

今回ようやく念願かなって登録されたんですね。
「三度目の正直」でしょうか笑

ますます上野の美術館が盛り上がっていきそうですね。

では、今回はこの辺で。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - ニュース ,