暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

ノアコイン怪しい評判は勉強不足/詐欺仮想通貨との違いと見極め方

   

最近公開された新仮想通貨「ノアコイン」が世間でとても大きな話題になっています。

また新たな詐欺が出てきたのか?とノアコインに対して怪しいと感じる人が多いそうです。今回の記事では、数ある仮想通貨の中から「本物」の仮想通貨と詐欺のものを見分けるポイントはどこになるのか、なぜノアコインは詐欺の仮想通貨ではないと言い切れるのか等をご紹介したいと思います。

ノアコイン公式サイトはこちら⇒ノアコイン公式

☆仮想通貨の名称について

まず、ノアコインの話をする前に仮想通貨と呼ばれるものは一体どのようなものなのか簡単に概要をお話したいと思います。まず入口の大事な部分ですから、仮想通貨に馴染みの無い方は是非ご一読下さい。

そもそも、仮想通貨という呼び方は私達日本人しか用いていません。正式な名称は「暗号通貨」です。日本では間違った名称でずっと仮想通貨というワードが使われ続けています。

理由はシンプルです。そもそも、仮想通貨に関心を寄せてる人が少ない現状では仮想通貨と言われてもピンとくる人は少ないでしょう。それなのに新しく「暗号通貨」なんて呼び方をされた物が登場したらよりわからなくなります。

「え、仮想通貨すらわからないのにまた違うものがでてきたの・・・??」

こんな風に世間の人が思ったら「暗号通貨」と書かれた書籍やメディアに関心を持たなくなってしまいますよね。だからこそ、仮想通貨という名称が間違いだと知っている記事ライターやメディア関係の人でも「仮想通貨」というワードを使い続けているのです。

なのでここからは正式名称である「暗号通貨」で統一させてください。

公式サイト&購入はこちらから

☆暗号通貨の機能

さて、ここでようやく暗号通貨の概要に入っていこうと思います。

身近でイメージしやすい「暗号通貨」に似ているもの。それは皆さんが普段よく用いているTポイントカードやヤマダ電機のポイントカード等です。

国や銀行が発行しているお金ではありませんが、Tポイントカードの加盟店やヤマダ電気での買い物においてはお金と同様に使用することができますよね。「国や銀行が介在しないお金」というところにポイントがあります。

暗号通貨も基本的には考え方は同じ。「国や銀行が介在しない」のです。したがって個人間同士で「これはお金ですね」という共通認識があるからこそ使うことのできるお金だといえます。

この暗号通貨市場で最初に登場したのがご存知ビットコインですね。続いてイーサリアムやリップル等の暗号通貨が次々と誕生していきます。現在登場している暗号通貨は少なく見積もっても600種類以上、多ければ3000種類もの暗号通貨が存在するとも言われています。

なぜそこまで数が増えたのか、理由は簡単です。国や銀行が介在しない、すなわち暗号通貨を作成する事は誰にでも可能なのです。実際は多少高度なPC知識を使いますが、優秀なプログラマーがいれば問題なく作れます。ただ、価値のある「本物の暗号通貨」はごく一部であり約98%程度の暗号通貨は詐欺に使用されています。

ここらへんの事情も少し説明していきますね。
公式サイト&購入はこちらから

☆本物の暗号通貨

本物の暗号通貨、と書かせて頂きましたが要するにみんなが価値があると感じて、現在通常に取引が行われている暗号通貨の事を指します。3000種類もの暗号通貨がある中で本物は本当に少ししか存在しないのです。

言い換えれば、本物の暗号通貨は確実に存在します。

代表的なものはビットコインです。暗号通貨の基軸通貨とも言われています。その他取引総額トップ10に入るような暗号通貨に関しては本物と言えるでしょう。実際に大勢の人が取引をしているわけですからね。

ではなぜ暗号通貨を使った取引が行われるのか。それは「本物の暗号通貨には取引で便利な点が多く、必要性があるから」ということです。その際多くの人は基軸通貨であるビットコインを使用します。わざわざ基軸通貨であるビットコイン以外のものを使う意味がないですからね。

だからこそ、Aという暗号通貨を作りました!みんな両替してください!と誰かがキャンペーンを打ち出したとしても、誰もAという暗号通貨を持っていないし取り扱いもしていないとなれば全くの無価値の代物と化してしまいます。その状態はAという暗号通貨を使う「必要性」がないからこそ起きるのです。

なぜAを使うの?ビットコインでいいじゃん。

こうなってしまうわけです。

ビットコイン以外で市場で必要とされているものは、ビットコインの持つ欠点を克服した暗号通貨だからこそ必要性があるのです。イーサリアムやリップルもビットコインが持っていない特徴をもっているのです。

本物と言われる各暗号通貨がどのような性質をもっているのかを詳しく見ていくことは非常に大切です。しかし、それと同等以上に「偽物の暗号通貨を見極める分ける力」も大事だと考えています。

偽物を見極める方法を2点ほどご紹介します。
公式サイト&購入はこちら

☆これで怖くない!詐欺の基準

市場でちゃんと流通がされない、いわゆる詐欺仮想通貨。それらを見極めるにはどのようなポイントがあるのか見ていきます。

〜プロモーションや開発に費用をかけているか〜

通貨は幅広く、沢山の人が使用することで価値がでます。複数人しか使えない通貨など価値はないのです。普段の生活で使えない通貨など、持っているだけ無駄ですから。

「円」が価値を持っているのは国がそこに通貨としての価値を認めているからですが、重要なのはどこでもそれが使用できる点です。パンを買うのも電車にのるのも何かのサービスを受けるため日本円があれば基本的に国内では困りません。

では、新しくできた暗号通貨が自分とその他数人しか所持していないとしたらその通貨には価値はあるでしょうか?答えはNOです。その数人の間でしか使えないですからね。

大事なのは多くの人がその通貨の必要性を感じて、実際に使うことです。

そのためにはどうするか。運営元が暗号通貨と交換した日本円で大々的にプロモーションをかけるのです。そうすることで大勢に認知され、欲しい人はそれを求めるようになります。形式はテレビコマーシャルでも雑誌でもなんでもかまいませんが、それを広める努力をするのです。

さらにはその暗号通貨に対応した新セキュリティーサービスや暗号通貨の財布、つまりウォレットの開発や周辺サービス開発に費用を投じる必要がるのです。いくら理論上良いものであっても、周辺サービスを整えないと実用性にかけたり安全面が不安ですからね。

詐欺仮想通貨を販売している人はこういった行動をとりません。暗号通貨と交換した日本円で豪遊して全くプロモーションをかけない人までいる始末です。これでは普及していくはずがないです。まあ、そのような詐欺師は元々普及させていく意思などないのですけれども。

〜プレセール期から市場公開までに価格を2倍以上にあげてるか〜

暗号通貨にはプレセール期という、市場に公開する前にある程度の人に販売をする期間があるのです。先ほどお話したように、公開した直後に一人も所有していないのでは価値が生まれにくいですし、最初からある程度の人数に公開予定の暗号通貨を両替するタイミングがあるのです。

それをプレセール期とよぶのですが、大体4期ほどに分けて行われることが多いです。第一期プレセール期、第二期プレセール期、などです。

暗号通貨開発者はこの際にいくらの値段で暗号通貨を販売するか「自由」に決められるのです。例えばこんな感じです。仮に新暗号通貨をAコインとしましょう。

第一期プレセール期 1Aコイン=10円
第二期プレセール期 1Aコイン=50円
第三期プレセール期 1Aコイン=100円
市場公開

イメージ的には各プレセール期は数ヶ月程度の期間が設けられています。

先ほどものべたように、1Aコインの値段は「販売者の自由意志」で決められます。決まりはないのです。ここで一つ考えて欲しいことがあります。もし仮に市場に広くこのAコインを普及させたいとすれば、販売者はどのような価格付けをするでしょうか?

答えは簡単です。第一期プレセール期から市場公開までで価格をほとんど上げないのです。なぜなら、第一期プレセール期で10円だったものが市場公開のタイミングで100円になっていたとすれば、第一期プレセール期や第二期プレセール期で暗号通貨を両替していた人たちは市場公開のタイミングですぐ円に戻してしまうからです。

当然です。第一期プレセール期に両替した人からすれば一気に資産価値が10倍に跳ね上がったのですから、売ってしまおうとするのは自然な考え方です。まあ詐欺仮想通貨の場合、上記の例で言うと第一期プレセール期で買った人が市場公開のタイミングで1Aコインを100円で両替しようとしてもできません。

なぜなら1Aコインを100円で両替したいと思う人がいないからです。先ほどお話したように、詐欺仮想通貨がビットコインに勝る点はありませんし、そもそもプロモーション活動もほぼしていないのです。欲しい人がいるはずありませんね。

ちなみに、ビットコインに次ぐ2位の暗号通貨であるイーサリアムはプレセール期から市場公開までの期間に1.7倍の値上げをしました。数ある暗号通貨の中で市場2番目に流通している暗号通貨がたったの1.7倍しか値段を上げていないのです。

そこら辺のちょっと腕のあるプログラマーが作ったただの詐欺仮想通貨など、それ以上上がるわけがないのです。ちなみに上記の例では10倍に上がっていますね。(10円⇒100円)

ここの期間の価格推移を調べて、2倍もしくは1.7倍を越えるような値段設定をしていたらそれはほぼ間違いなく詐欺です。
公式サイト&購入はこちら

☆ノアコインに関して

では、おまちかね。ノアコインはどうなのかという点に入っていきます。
もちろん上記の点はクリアしていますよ。

ノアコインのプロジェクト、すなわちノアプロジェクトはフィリピン国家が総出で運営を行うプロジェクトになっています。政財界、民間企業全てが一致団結で成功させようと動いている暗号通貨です。

フィリピンエアラインなどでは飛行機座席のモニターを使用して大々的に広告をしますし、大きな幹線道路沿いの看板にも数多くの看板を設置します。

フィリピン国民が抱える国家的問題を解決するための通貨、それがノアコインなのです。出稼ぎの多いフィリピン人はフィリピン国外から国内への送金に大きな問題を抱えています。海外送金というのは手数料もバカ高いし時間もかかる。

フィリピン人の稼いだお金は海外の料金代行サービス会社に落ちてしまうのです。その額なんと年間3500億円。暗号通貨の特徴「手数料はほぼゼロ、一瞬で送金可能」を使用することで一気にそれを解決しようということなのです。

国家を挙げてのプロジェクトであるノアコインは当然力の入れ方が半端ではありません。少しご紹介していきましょう。

〜所有量に応じて利子がつく〜

ビットコインなど、暗号通貨は利子がつかないのが普通です。つまり、投資対象として見た時通貨としての価値が上昇してその利ざやでキャピタルゲインを得ることが目的で購入するのです。しかし、ノアコインは違います。

初年度20%。その後は指数関数的に減っていきますが40年間「複利」で配当が増え続けるのです。「複利で増える」、このすごさはもうお分かりですね...。

〜都市開発が絡む〜

暗号通貨に都市開発??

なんのことかと思う人も多いかと思いますが、ノアコインを所持しているだけで恩恵を受けられるであろう大きな要素がここにあります。

実は全ての買い物、サービスをノアコインで行うことの出来る暗号通貨の街「ノアシティ」の開発が決定しています。場所は当然フィリピン国内です。既に開発決定だけでなく開発用地も決定していますし、時期も決まっています。

暗号通貨とは別のお話ですが、フィリピンは現在投資適格国として各国投資期機関のお墨付きを得ています。人口ピラミッドの形は世界一綺麗と言われ、若い世代も多い上に大規模都市開発もかなり進んでいます。

途上国で遅れており、治安も危ないというイメージを持っているかたも多いと思います。しかし現実は違います。最発展している場所などはもはや日本よりも治安がよく、医療も日本より進んでいます。公用語が英語なのでアメリカ等の最先端医療がすぐ取り入れられるのです。

これらの事情より、フィリピン国内の不動産をはじめ多くの投資対象物が大きな値上がりを見せています。

ここで話をノアシティに戻します。ノアシティでの不動産に投資できるとしたら私は真っ先に投資します。値上がりする可能性が非常に高いと考えているからです。投資格付けが大きく上昇しているフィリピンですから、世界中の投資家も同じことを考えると思いますよ。

さて、ここでもし仮にノアシティへの投資が「ノアコインでしかできない」としたらどうでしょう。
これは仮の話です。ただ、可能性としてはありますよね。もし仮にノアシティでの投資がノアコインでしかできないとしたら...

ノアコインが市場公開されたタイミングで大きく値上がりする事は容易に想像できますね。

〜市場規模の大きさ〜

暗号通貨は発行量の総数が決まっています。つまり需要と供給のバランスにおいて供給量が決まっているわけですから欲しい人が需要、すなわち欲しい人が多ければ多いほど価値は上がりますね。

暗号通貨の基軸通貨とされているビットコインの市場規模は約1兆円です。

ノアコインはどうでしょうか?もちろん世界各国の人が欲しがるとは思いますが、これは元々フィリピンの国内送金問題を解決するために作られた通貨でしたね。フィリピン人が毎年国内にどれだけの金額を送金していると思いますか。

手数料が3500億円という話はしましたね。手数料は送金金額の約10%です。

つまり、フィリピン国内への送金金額は年間で3兆5000億円にもなるのです。しかもこれはきちんと銀行送金や料金代行サービスを使用して送られた金額です。これらを通さずダンボール等に詰められて送られた現金を含めたらとてもそれでは収まりません。

何がいいたいのかというと、ノアコインは目の前のフィリピン人の送金問題を解決する為だけに使われるとしても、ビットコインの3.5倍以上のポテンシャルを秘めているのです。

ビットコイン長者というワードはご存知でしょうか。
2008年当初に1ビットコインは8セントにも満たない金額でした。

もし当時1万円分のビットコインを両替していたら...
現在の価値に直すと90億円以上です。

ありえない金額ですが、現実なのです。

ノアコインがビットコインを上回る市場ポテンシャルを持つことは先ほどご説明したとおりです。実際にどうなるのかは不明ですが、実際に目の前のフィリピン市場だけでビットコインの3.5倍以上の市場が存在するのですから。

今第一期プレセール期間中のノアコイン。
絶対儲かるとは当然言えませんが、正直持っていて損はないと思いますよ...

☆まとめ

長々と暗号通貨、そしてノアコインに関してお付き合い頂きありがとうございました。ノアコインの魅力はまだ伝えきれてはいないのですが正直それほど多くの魅力をもつ暗号通貨なのです。

第一期プレセール期である今、両替しておく事を検討してみてください。
公式サイト&購入はこちら

 - ニュース ,