暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

仕事納めの意味って?適切な挨拶をして出来るビジネスマンになろう!

      2017/11/20

今年もあっという間にもう年末ですね。そろそろ仕事納めという言葉がちらほら聞こえてくる頃でしょうか。

皆様は仕事納めの意味ってご存知でしょうか。今回はその意味と、仕事納めにふさわしい挨拶の仕方について調べてみました。

☆仕事納めって何?

-仕事納め-

年末となる12月の下旬の、最後の仕事のこと。(Wikipediaより)

簡単にまとめると、今年1番最後に仕事をする日ということですね。

サービス業などで31日が仕事納め、そのまま元日が仕事始め、なんて方もいらっしゃると思いますが、本来の仕事納めという言葉は年中無休のお仕事の方には使われないんだそうです。

ちなみに官公庁の場合は仕事納めではなく御用納めという呼び名になり、28日という日にちまで法律で定められているそう。

一般企業もそれにならって28日のところが多いようですが、特に決まりはないので会社によって日にちはまちまちということだそうです。

仕事納めがある皆様、あなたの今年の仕事納めは何日ですか?

スポンサードリンク

☆仕事納めの挨拶とは?

どう挨拶すればいいの?そこがいちばん気になるところですよね。そんなあなたのために例文をご用意いたしました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

例文1 社会人一年目のあなたから上司に

今年一年、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

〇〇さんからたくさんのご指導をいただけて社会人として学びある一年になりました。

来年も変わらずたくさん勉強させて頂きたいです。ご指導よろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

 

例文2 あなたから上司に

今年一年大変お世話になりました。

〇〇さんには度々フォローやアドバイスをしていただき、助けられてばかりでした。本当にありがとうございました。

至らない点もまだまだございますが、来年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

 

例文3 あなたから部下に

〇〇さん、今年一年お疲れ様でした。

〇〇の時は大変でしたね。よくやってくれました。本当に頼りになりました。ありがとう。

来年もこの調子で一緒に頑張っていきましょう。

良いお年をお迎えください。

 

上司には、今年お世話になったことへの感謝を盛り込むことが大切です。来年への目標や、来年からも良い関係でいられるように前向きなひとことを添えてみると更に好印象です。

後輩には、普段なかなか言えていなかった今年の頑張りへのねぎらいの言葉をかけるのもいいですね。

なんとなく去り際が掴みにくい時は、良いお年をお迎えください、という一言でまとめれば締まりもよくなりますよ。

相手との今年あったエピソードを加えることで同じ言い回しでもその人だけへの特別な挨拶に変わるので、加えられることがあるのならぜひ加えてみましょう。

そして、相手の名前をどこかに入れることも実は大切なポイントなんです。心理学的にも名前を呼ばれることは親密感が上がる効果があるんだそうです。相手の気分も良くなりますしあなたへの印象も良くなりますよ。

スポンサードリンク

☆出来るビジネスマンの挨拶

挨拶はこれで準備万端、ですが、大事なのは挨拶するタイミングです。

せっかく考えた挨拶を無駄にしないためにも、空気と状況を読みながら出来るビジネスマンとして今年の仕事を納めましょう。

仕事納め当日は、掃除やデスク周りの片付けがあったり、取引先との連絡や普段とは違う締めの業務が増えたりしてバタバタと時間が過ぎてしまうかもしれません。

職場によっては毎年の通例でこのタイミングに挨拶回りをするということが決められているところもあるようです。上司や先輩に聞いてみるなどして、自分に時間ができたからといって先走らないようにしましょうね。

せっかくですから普段なかなか接する機会の少ない重役や社長に挨拶してみるのもいかがですか?節目の挨拶ですので不自然にもならないですし、この機会に顔や名前を覚えてもらえるかもしれませんよ。

ただ、先述したように仕事納めは普段と違う業務でバタバタしていることが多いので、相手の状況やタイミングをしっかり見ることを忘れずに。違う意味で顔と名前を覚えられたくはないですからね。

スポンサードリンク

☆最後に

終わり良ければすべて良し、という言葉もあります。

今年のやらかした諸々も、きっちりした挨拶で締めくくればすっきりリセットされて気分良い年末を迎えられるはずです。

少し頭の片隅に言い回しを準備しておくと、当日も慌てずスマートに挨拶できそうですね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

今年一年、本当にお疲れ様でした。

皆さま良いお年をお迎えください。

 - お役立ち ,