暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

ロシアでLINE制限!禁止規制にはどんな理由が!?悲しみの声多数

   

現在世界中で使用されている人気SNSアプリ「LINE」。なんとロシアにてこのLINEが使用制限の危機だという衝撃のニュースが飛び込んできました。インターネットの発達で世界中の人が気軽に連絡先を交換して友達を増やしてこの現代、LINEの担ってきた役割はあまりにも大きいはずです。

一体ロシアにて何が起こっているというのでしょうか。現状を再度確認すると共に、一体何故LINEが制限されているのか、禁止規制の理由に関して迫っていきたいと思います。

目次

・ロシアのLINE現状と制限規制の理由
・世間の声
・まとめ

スポンサードリンク

☆ロシアのLINE現状と制限規制の理由

5/5現在のロシアではLINEは「ほとんどの環境」で使用することができなくなりました。一部wi-fi環境などでは現在も使用することができるそうですが、それらも順次規制をかけていく方針とのことです。

報道によれば、対象になったのはLINEだけでなく、ブラックベリーメッセンジャー等の4つのサービスとのことで、昨年規制されたリンクトインに続いて世界的有名サービスの規制が進んだ形になりました。多くの人が恩恵を受けているこのサービス達。いったいなぜ制限の方向になってしまったのか。

ロシアの連邦通信情報技術マスコミ監督庁によると、ネット規制法に違反しているという事が制限の原因だということです。簡単にお話すると、LINEのような通信サービスを提供している企業は顧客情報をしっかり保存して、公的機関から正式に要求された際にはその情報を提出するという義務があるのです。

この条件を満たしていないということが様々な通信サービスを制限している理由なのだとか。twitterやインスタグラム、facebookなどは継続して使用可能な状態ですので、この条項に引っかからなかったということでしょう。

スポンサードリンク

☆世間の声

スポンサードリンク

☆まとめ

ネット規制法にて違反している事が理由で使用が制限されたLINEをはじめとする通信サービス。4,5年前はメールが基本的な連絡手段だったことを考えればだいぶ世間の人の生活は変わったと思います。

少なくとも日本では多くの人がLINEを使用していますし、その人達からしたら日常にLINEがないというのは考えられない状態でしょう。LINEに関する周辺サービスもそうです。LINE@なども大変便利で多数の人が使用していますよね。

今回のLINE制限はロシア内でも多くの反発の声が上がるでしょうね。一体どうなっていくのでしょうか。

では、今回はここまで。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - ニュース , ,