暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

佐藤勉福島県会津若松市議逮捕!妻と共謀し生活保護費不正受給か?

   

先日富山県市議が不正に経費を計上していたとしてドミノ倒しの如く連続で摘発される事件が発生しましたね。政治と金の問題は非常に根深くなかなか解消することは難しいようです...。富山県ではもはや議長までもが辞職し、完全に組織ぐるみでの犯行でしたし。

今回新たに福島県にて会津若松市の市議が不正を働いていたという事件が発覚しました。

度重なる市議の不正に怒りを隠せない住民も大勢いると思います。自分を市議に推してくれた沢山の人を裏切る行為ですからね。一体誰が、どのような不正を働いたのか調べてみました。

☆福島県会津若松市議の不正

今回逮捕されたのは会津若松市の市議佐藤勉容疑者です。プロフィール情報は会津若松市のホームページに記載されていましたので、そちらをそのまま引用させていただきます。
screenshot-2016-09-26-at-13-37-25
引用:http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2007080600241/

今回佐藤勉容疑者が逮捕されたのは「詐欺容疑」です。彼の妻はサトウ・ロイデス・ズニェガさんという名前でフィリピン国籍なのですが、佐藤勉容疑者は彼女が飲食店に勤務しており一定以上の所得があることを把握していながらも生活保護の書類を代筆し、生活保護費を不正受給していたのです。

その額なんと634万円。不正をしていた期間が2011年の9月から2014年2月までと非常に長期間だったためこのような巨額の不正受給になってしまったのです。彼女は不正が発覚し詐欺罪によって起訴されています。

佐藤勉容疑者は9/26の朝に、自らの車で会津若松署に出頭したそうです。26日は妻の初公判が予定されている日程であり、佐藤勉容疑者自らが出頭したことでもはや公判の結果を待つまでもないということでしょう。奥さんが逮捕されてからも、取材に対しては「合法的な手続きを踏んでいる」として無罪を主張していましたが、ここに来てひっくり返した形になりました。


【生活保護不正受給】福島県会津若松市の佐藤勉市議のフィリピン人妻が生活保護費を不正受給の詐欺容疑で逮捕

☆ネットの声

☆まとめ

今回もこのような政治と金の問題が発生してしまい、大変残念に思います。市議たるもの、知らなかっただとか不正受給を共謀するなどはあってはならない行為ですよね。税金が使われているわけですから、大勢が労働で得た賃金の一部を分けてもらって合計634万円もの金額を不正に受給したことは決して許される行為ではありません。

富山のケースでもそうですが、不正ができない仕組みづくりをすすめることや厳しいチェック体制を敷くことが大事になってくるでしょう。闇雲に規制してしまうと、本当に生活保護を必要とする人々にお金が届かなくなってしまうので、やり方は慎重にですが...。

富山県の市議が注目された事件も参考までに載せておきますね。
中川勇富山市議の不正事実発覚!印刷会社を利用した組織的手口か?

 - ニュース , ,