暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

瀬戸和真逮捕!近畿大学のバーオーナーが準強制わいせつ行為?詳細は?

      2017/01/16

最近慶應義塾大学の広告研究会でも大学生の行き過ぎた行動が注目を浴びましたが、今度は関西地区で似たような事件が発生してしまったようです。

しかも、既に逮捕までされているとのこと。

一体どのような内容なのでしょうか。調べてみました。

スポンサードリンク

☆逮捕されたのは名門大学在学のバーオーナー?

今回注目されている事件の概要を簡単に説明します。

まず、事件が発生したのは今年の2月で場所は大阪市北区曽根崎新地にあるバーラウンジだったそうです。逮捕されたのは瀬戸和真という男性で、容疑は準強制わいせつとのこと。

内容としては、複数のメンバーと協力しながら20代女性に酒を大量に飲ませて意識不明の状態にまで追いやり、そのあとわいせつ行為を働いたのではないかというものです。逮捕された瀬戸和真の情報をもう少しまとめていきます。

氏名:瀬戸和真
年齢:22歳
職業:学生(近畿大学法学部所属)
住所:大阪市中央区南船場

大学生でありながら、自身でもバーを経営するという凄い経歴を持つ若者です。

twitterのアカウントも特定されており、中をみるとバーをオープンしたことを嬉しそうに報告しているツイートがありますね。
screenshot-2016-11-21-at-13-25-48
オープンしたのが10/7であることから、2月に起きたとされる集団での飲酒・わいせつ行為容疑のお店は全く関係ないことがわかります。瀬戸和真さんの運営しているバーは大阪市中央区東心斎橋にある「Leaf」というお店です。

screenshot-2016-11-21-at-13-26-32

報道されている情報では、2月の現場は大阪市北区曽根崎新地となっていますしね。

スポンサードリンク

☆犯人は複数?疑われる大学生モラル

報道によると、瀬戸和真さんはあくまで犯行に及んだメンバーの一人なのではないか、と言われています。複数人での共謀によって犯行に及んだのではないかというのですね。

そして気になるのは、これと同様の手口による被害がすでに他にも約10件確認されていることです。

女性が意識を失うほど酔わせ、報道されているような内容の行為を行う事はモラルに大きく反した行動になります。

同一犯の犯行なのか、それとも関連がなく犯人が他にも多数いるのかどのような状況かはわかりませんがいずれにしても見ていて気持ちの良いものではありません。

瀬戸和真さんは自分でバーを経営するほどしっかりした若者です。強い志・決意がなければ、飲食店を経営するなどという困難にも挑戦することは無いでしょう。

一体なぜこのような事件が起きてしまったのか、残念でなりません。

大学生という自由な環境。20歳を越え、飲酒や喫煙等をゆるされ、大人の仲間入りをする難しい年代。良くない事件が立て続けに起きていますが、未来ある若者がこのような犯罪に手を染めるのは見ていて非常につらい思いになります。

成人をしているということは、責任を自分で取るということ。
学生だから、などという言い訳は通用しないのです。

自分の過ちを認め、反省し、大人としての自覚を持って貰いたいですし、これから成人する子供をもつ親御さんも今一度お子さんの事を温かく導いてくださればと思います。

では、今回はここまで。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

※追記

瀬戸和真容疑者と共謀していた人物が逮捕されました。
詳細はこちらの記事へ→吉鷹康寿逮捕!瀬戸和真近畿大学生と共謀しわいせつ行為の容疑

スポンサードリンク

 - ニュース