暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

島木譲二入院先病院はどこ?死因は腎臓の病気か?脳溢血で死去

   

吉本新喜劇にて活躍されていた島木譲二さんの訃報が流れてきました。

もう5年ほど病気と闘われていたそうで、大阪市内の病院で最後を迎えたとのことです。
死因は脳溢血だったそうですが、元々腎臓に問題を抱えており、その影響が出てしまったのだそうです。

今回の記事では、島木譲二さんの病気に関して、そして今回の訃報に関して世間の声をまとめていきたいと思います。

☆島木譲二のプロフィール


[http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/46/7d/momo227799/folder/1557934/img_1557934_51625302_0]

島木譲二
本名:濱 伸二(はま しんじ)
生年月日:1944年9月13日
出身:兵庫県尼崎市
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

お笑い芸人・俳優として活躍された島木譲二さんですが、実はお笑いの道を目指す前はプロのボクサーだったそうです。西日本ミドル級新人王を獲得する程の実積を持ち、その後は警備員として働く事になります。

そこで出会った間寛平さんとの出会いをきっかけによしもとの芸人としての道を歩みはじめます。

体を張った全力投球の芸風で人気を得ていきましたが2010年に体の異変を感じ始めたのでした。

☆島木譲二さんの病

島木譲二さんが最後に吉本新喜劇の舞台に立ったのは2010年の12月26日です。それ以来は病気の治療に専念していくということで休養をしていました。吉本新喜劇での体を張った芸風「鉄人」のイメージを守るため、病気のイメージを広めたくないとの事で病名の公開はしませんでした。

しかし、2011年にとある事がきっかけで島木譲二さんの病気が判明します。それは、島木譲二さんの高校の後輩・ボクシングの井岡一翔選手がWBC世界ミニマム級タイトルマッチに出場した時でした。応援のため井岡一翔選手のリングサイドに姿を現した島木譲二さんは、その際受けた取材で「腎臓の数値があがってしまっている」と漏らしました。

そこで慢性の腎臓病であることが発覚したのですね。腎臓は体の水分や血液を調整したりする器官ですから、ここに異常をきたすと高血圧症や動脈硬化などの大きな病につながりやすくなってしまうのです。

今回直接の死因となった脳溢血は大きく捉えると脳出血と捉えてもらって構いません。起こる原因としてはやはり先ほど挙げたような高血圧です。事前の症状がないので、突発的になってしまうことが多いとのこと。

高い血液の圧力によって脳内の血管に少しずつ蓄積されたダメージがあるタイミングで耐え切れなくなり脳内出血につながってしまうのです。

通院での治療もされてましたが、入退院を繰り返していたようで
「淀川キリスト教病院」という病院の可能性が高そうです。

☆世間のつぶやき

☆まとめ

お笑い芸人をはじめ、その明るいキャラクターで大勢を笑顔にしてきた島木譲二さん。

脳溢血とのことで、突然のお別れになってしまい大変残念です。

もう一度この目で島木譲二さんのギャグを見れたら嬉しかったのですが...

ご冥福をお祈りいたします。

では、今回の記事はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

最後に島木譲二さんのギャグ動画をご紹介いたします。


島木譲二 大阪名物パチパチパンチ&ポコポコヘッド

 - 芸能 ,