暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

七夕飾りの意味が深かった!折り紙の簡単な作り方もご紹介!

   

今年の七夕は晴れるでしょうか?

一年に一度だけ、織姫と彦星が会うことを許された日。子どもの頃、短冊に願いを込めて笹の葉に飾り、夜空の星を眺めたりしましたよね。笹の葉には華やかな七夕飾りも揺られています。先生に教わりながら作ってみませんでしたか?飾りにはいろんな種類がありますが、それぞれに意味があるってご存知でしたか?

今日は七夕飾りの意味についてすこしご紹介します。

スポンサードリンク

☆七夕の由来

織姫と彦星のロマンチックなストーリーで有名ですが、そもそもは中国の伝説。この伝説から女性の裁縫の上達を願う【乞巧奠(きこうでん)】という儀式ができました。日本にも古事記に登場する【棚機津女(たなばたつめ)】という伝説があり、機織機を使い先祖に捧げる衣を織り、豊作を祈ったと言われています。

どちらも織物をしていたことから、この二つの伝説が混ざり合い、「七夕」という行事になりました。もともと7月7日の夕方のことを「七夕(しちせき)」と呼んでいた事にちなんで、「棚機」から「七夕(たなばた)」と書き、いまの行事へと変化していったそうです。

スポンサードリンク

☆短冊や七夕飾りの意味

伝説の流れから、豊作や手芸の上達を祈願していた「七夕」ですが、江戸時代になり、寺子屋の生徒たちは習字の上達を願い、短冊に込めました。そして、七夕飾りも切り紙細工などに変化し、様々な趣向が凝らされました。これからご紹介する七夕飾りには、それぞれに深い意味があります。

いくつか、作り方も添えてご紹介しますね!

ちょうちん 

【意味】

心を明るく照らしてくれるように

【作り方】

・折り紙を半分に折り、両端を折り返します。

・折り目に対し垂直に、均等な幅で切りこみを入れていきます

・開いたら同じ辺の端同士をテープで貼って出来上がり!

・網飾り※魚を取る網を表している

【意味】

豊漁、豊作になるように、幸運を手繰り寄せられるように

【作り方】

織り紙を三角に折る。

さらに半分に折る。

さらに半分に折る。

下の図のように交互に端からハサミで切れ目を入れる。

(※端まで切り過ぎないよう注意)

開いたら出来上がり!!

・吹流し

【意味】

長生きできるように、習い事が上達するように

【作り方】

折り紙の一片を折り返す。

折り返した位置まで切り込みを入れる

まるめてテープで止めたら出来上がり!

・輪飾り

【意味】抱いた夢がいつまでもつながっていくように

・紙衣 ※竹の一番上(先)に吊るします

【意味】

棚機津女が折って神にささげた衣の象徴で、病気や災害の身代わりになるように裁縫、手芸の上達するように

・折り鶴

【意味】

長寿の象徴

家族が健康であるように、家内安全であるように

※家族の最年長者の歳の数だけ折り鶴を飾ります

・星飾り

【意味】皆の願いが届くように

スポンサードリンク

☆まとめ

可愛らしい七夕飾りには、実は色々な意味があり、様々な願いがこめられていたんですね。

作り方は本当に簡単!

お子さまとの思い出作りに是非挑戦されてみてはいかがでしょうか!?

心も豊かになり、織姫と彦星への思いも届くかもしれませんね。

 - お役立ち ,