暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

東京の花火大会in2017!屋形船予約の価格の注意点とは!?

      2017/07/02

~東京の花火大会in2017!屋形船予約の価格の注意点とは!?~

夏の一大イベントといえば花火大会!!

あのダイナミックさと華やかさは格別ですよね!!

今年はどこの花火大会に行こうかな…

なんて計画されている方も多いのではないでしょうか。

たのしみですね♪

さて、いよいよ日程も発表になりました!

スポンサードリンク

2017年 東京の主な花火大会開催日時と場所

・第39回足立の花火 ※約12,000発

7月22日(土) 19:30~20:30

場所:荒川河川敷

 

・葛飾納涼花火大会 ※約15,000発

7月25日(火) 19:20~20:20

場所:葛飾区柴又野球場

 

・隅田川花火大会 ※約22,500発

7月29日(土) 19:00~20:30

場所:東京都台東区今戸1丁目周辺

 

・江戸川区花火大会 ※14,000発

8月5日(土) 19:15~20:30

場所:江戸川河川敷

 

どこもとっても魅力的ですが・・・

今年はちょっぴり贅沢に、屋形船での観覧なんていかがでしょうか!?

スポンサードリンク

☆屋形船のメリット

花火大会と言えば、人、人、人!!!

観覧の場所取りから始まり、交通渋滞も激しく、ちょっとご飯を食べるにも一苦労。

待ち合わせでなかなか会えなかったり、お子様とはぐれたり、

ただでさえ暑いというのに、観る前に疲れてしまうこともしばしば…。

せっかくの花火大会です!

そんなストレスから解放され、屋形船での観覧なんてできたら素敵だと思いませんか?

 

屋形船の一番のメリットは、何といっても特等席で花火を楽しめること!

混雑の煩わしさから解放されるだけでなく、

アングルといい、音の響きといい、ものすごい迫力で楽しめます!!

 

小さいお子様連れでも安心なので、家族サービスにも最適!!

会社のイベントなどは、貸し切りにすれば気兼ねなく騒げるのもいいところ。

乗り合いにすれば二人からでも参加可能!デートにもぴったりです。

 

エアコンの効いた涼しい船内で、おいしいお食事をいただきながら、

よりプライベートな時間を過ごせます!!

綺麗なトイレもついていますし、屋根があるので、万が一雨が降ってきても大丈夫!

 

ほとんどの屋形船は、最寄り駅への送迎がついているので、

タクシーに手配など心配は無用

のみ放題プランもあるので、予算内で押さえられます。

スポンサードリンク

☆気になる相場は?

平均して25000~¥30000といったところです。

会社により¥10000を切るカジュアルなプランもありますし、

お食事や飲み物がついていない花火観覧だけのプランなどもあるようです。

中にはスカイデッキに掘りごたつがついているような船があったり、

もんじゃ焼きが食べられる船があったり、

手軽に楽しめる、個性豊かなプランが続々と出ています。

屋形船といえば敷居が高い印象でしたが、

時代とともに身近な存在になってきたのかもしれませんね。

☆屋形船の予約方法・注意点

屋形船は予約が必須

予約には団体向けの貸し切りと、2人から申し込める乗り合いがあります。

各会社のホームページから、ニーズに合ったプラン・コースなどを選択し、

メール・お電話・FAXなどで申し込みできます。

早ければ4月ごろから受付を開始しています。

1カ月前にはほとんど満席になってしまうのでご注意ください。

万が一満席になっていても、急なキャンセルがあり申し込みできることがあります。

電話でこまめに確認することをオススメします。

 

【人気の高い屋形船をご紹介】

・船清  0354792731 

・濱田屋 0338812314

・三浦屋 0120027810

・あみ春 0338665878

・晴海屋 0336441344

 

屋形船は川、もしくは内海をゆっくりと運行しますので、

波や大きな揺れはありませんが、人によっては船酔いしてしまうことがあります。

心配な方は、あらかじめ酔い止めを飲んでおくことも大事です。

ガムなど気分転換できるものを用意しておくのも良いですね。

また、船は前方が一番揺れやすいので、

心配な方は船の真ん中のあたりにいることをオススメします!

 

貸し切りの場合は事前払いのところが多いのでご確認ください。

そして、一番怖いのは遅刻です!

特に乗り合いの場合はほかのお客さんもいますので、時間厳守です。

時間には余裕をもって向かいましょう。

☆まとめ

2017年の花火大会を屋形船で楽しむには、日程が確定し始めた今がチャンスです!

ご家族と、お仲間と、恋人と、予算やニーズに合わせてコースを選び、ぜひ早めに予約をしましょう!上手に利用すれば、最高の夏のイベントになること間違いなしです!

 - お役立ち