暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

冨田真由現在,2017年顔の傷は?2月初公判で語った現在の思い

      2017/02/21

2016年度に日本中を震撼させた事件が起きたのを覚えているでしょうか。小金井市で地下アイドルとして活動を行っていた冨田真由さんについての事件で2017年2月に初公判が行われました。犯人の名前は岩﨑友宏容疑者。

事件から約9ヶ月経過した現在も彼女のことを多くの人が気にかけています。本当に驚きを隠せない事件でしたし、怒りを覚えるコメントを書いている人を沢山見かけました。

今回の記事では、事件から約9ヶ月が経過した現在の冨田真由さんに注目していきます。

スポンサードリンク

☆冨田真由さんの2017年現在は?

昨年の事件から約9ヶ月、冨田真由さんは一命を取り留めたものの重度の心的外傷後ストレス障害、いわゆるPTSDと呼ばれる症状と顔面の麻痺や筋力低下がみられます。一年弱経過した今も、彼女の心には暗い暗雲が立ち込めています。

特にPTSDに関してはかなりひどい様子で、今回行われる公判にて別室での中継証人尋問が予定されていましたが結果的にはそれを中止にせざるを得ない状態でした。顔にキズを負ってしまった彼女は供述調書にて次のように述べています。

「事件で顔に傷が残り、もう女優は無理だと思う。歌だけは奪われたくないと考え、リハビリを続けている。悔しくてたまらない」

「事件で普通の日常が全く変わってしまった。大好きだった演技や歌、ギターも後遺症で続けられるか分からない。出所したら今度こそ殺しにくるのではと思ってしまう。ずっと刑務所に入れておいてほしい」

全力をかけて努力し、なりたかった女優の夢。彼女は事件がきっかけでその夢を失ってしまいました。自分をそのような状態に追い込んだ人物の初公判です。重い処罰、ずっと刑務所の中で過ごして欲しいという気持ちは当然でしょう。

彼女にとって一番の恐怖は、彼が刑務所から出て来ることでしょうから。

スポンサードリンク

☆現在の顔画像は?

検索順位の中で冨田真由さんの2017年現在の顔を検索している人がとても多いですが、そのような画像は存在しないでしょう。冷静に考えて、事件のいかりや戸惑いが消えきらないこの時期に彼女が自分の顔を公開するはずがありませんね。

彼女はそのキズのせいで夢であった女優を諦めざるを得なくなったのですから。冨田真由さんはそんんあ状態の中でも歌で再起しようと今も辛い精神状態の中必死にリハビリを重ねています。いつか彼女がメディアに出演した時、事件を克服した彼女の顔を見ることができるかもしれませんね。

スポンサードリンク

☆まとめ

冨田真由さんの顔画像は検索してもネット上では出てきません。それらしき画像を上げている人がいますが、実際には偽物でしょう。理由は先ほど述べたとおり。

彼女にとってはもちろん、彼女の親・友達・ファンにとって、とても辛い事件でしたね。あらゆる記事サイトを観ても全員が彼女の見方です。ほんとに今が精神的に辛い時期でしょう。しかし、日本中全員が冨田真由さんの味方です。

再起してくれるよう切に願います。

 - 芸能 ,