暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

とと姉ちゃん主題歌に宇多田ヒカル採用.イギリスでの生活は継続??

      2016/07/09

☆宇多田ヒカル活動再開!とと姉ちゃんの主題歌に採用

ととねえちゃん
引用:http://geinou-jyouhou.net/2015/12/18/post-544/

宇多田ヒカルさんの『花束を君に』が現在放送ちゅの朝ドラ『とと姉ちゃん』の
主題歌として起用されていますね!
宇多田さんは2010年に「人間活動宣言」をしてから長い間活動休止。
33歳になりついに歌姫として再始動しましたね!

また4/4の夜には日本テレビ系『NEWS ZERO』の新しいエンディングテーマとして
『真夏の通り雨』が採用されました!


[http://www.littleoslo.com/lyj/home/wp-content/uploads/2016/04/真夏の通り雨.jpg]

 

 

☆売れっ子歌手・宇多田ヒカルの苦悩

 


[http://news.music.biglobe.ne.jp/files/51/37/1428/20100928143751_0.jpg]
宇多田ヒカルさんの事をよく知る関係者は次のように語っています。

「彼女が『人間活動宣言』をした2010年から歌手としての活動を休止し、
一般人としての人生を歩んだ6年間。
10代の頃から大ヒットを重ねた彼女にとって、一般的な生活がどのようなものか
知らないことがコンプレックスになっていた。
この6年間は彼女が自分の人生を改めて見直すという、
非常に重要な意味を持った期間だったのです。」

普通がわからない。
一般人の私からすると想像しかできない世界。

人間は群れる性質がありますし、
人と違うことを極端に恐れ、同調する生き物です。

そんな中、世の中の大半と違う人生を歩み続けている、
その自覚が芽生えた時点での彼女の心境・恐さは
並みのものではなかったんでしょう。

☆ロンドン滞在中にあった様々な出来事

ロンドンの滞在中には色々あった彼女。
母・藤圭子さんの自殺(享年62歳)
8歳年が離れたイタリア人男性との再婚・長男出産

歌手の活動を再開するにあたって、
再婚によって長男が生まれ、自らが母となった事、
そしてそれによって自分の人生に自信を持てるようになったことが大きかったそうです。

活動を休止し、自分を見つめ直す為に選択したロンドンでの生活。
再スタートを切って活動を始めた現在、宇多田ヒカルは日本への帰国はするのだろうか?

とある関係者はこう語る。

「2015年の6月には長男がうまれ、いずれはどこで息子の教育を受けさせるか選択しなければならない。だが、現在は当分帰国の予定はなさそうです。」

考えられる理由の一つとしては、
彼女がロンドンの音楽環境を気に入っていること。

「アメリカ式のアーティスト活動は彼女の肌に合わない。レディー・ガがやビヨンセのように豪華なステージやファッションが売りにされるからです。そういったものより、より音楽性が重視され厳しく批判されるイギリス式を好んでいるのです。」

また、再婚した夫の事も考えての選択とも考えられます。

再婚した夫は南イタリアの出身で、元高級ホテルのバーテンダーだった。
現在は主夫業に専念しているらしいが、彼にとって日本での生活はおそらく大変なことの連続。
とても快適とはよべなそうなのです。

そして宇多田ヒカルさんは肉親との縁が薄いことでも知られています。
祖母とは絶縁し、亡くなった母ともずっと離れており、電話で話すだけだったといいます。

 

 

☆彼女が一番大切にしているもの

 


[http://livedoor.blogimg.jp/garlsvip/imgs/a/b/aba05a4f.png]

彼女にとっては、
音楽活動よりも『家族みんなとのびのび暮らす事』の方が
優先度が高いのでしょう。

一般人として、そして母として生きる宇多田にとって
何よりもまず家族が大事なのです。

イギリスでの永住権に関しては、
結婚した相手がイギリス人もしくはEU加盟国の出身で、
一定の期間現地で暮らす事で入手する事が出来ます。

彼女は自分もイギリスでの永住権を獲得し、
そちらでの生活をすることを本気で考えています。

自分の大切なものを守るため、
イギリスへの永住権獲得へ...!

それが結婚し家族を持った、母・宇多田ヒカルの答えなのかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 - エンターテインメント, 芸能 ,