暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

豊田泰光が病気で死去!死因は肺炎?過去にも大病を!画像あり

   


[http://omuta-miike.news.coocan.jp/photo/2010tenjinlions/toyotayasumitsu2010.jpg]
西武ライオンズで活躍された豊田泰光さんが死去したという情報が入ってきました。亡くなったのは8/15だとのこと。現役引退後には評論家として野球界に貢献し続けた豊田泰光氏。

その辛口なコメントで多くのファンに親しまれた豊田泰光氏ですが、死因は病気だったといいます。一体何の病気にかかってしまったのでしょうか。

今回の記事では豊田泰光氏について迫っていきたいと思います。

☆豊田泰光のプロフィール


[https://i.ytimg.com/vi/EzWltgKcXY8/hqdefault.jpg]

本名:豊田泰光
出身地:茨城県久慈郡大子町
生年月日:1935年2月12日(満81歳没)
身長/体重:176 cm/82 kg

豊田泰光氏は2006年に野球殿堂入りしています。

☆豊田泰光氏の死因は?

さて、豊田泰光氏の死因はなんの病気だったのでしょうか。
調べてみたところ死因性は「誤嚥性肺炎」という病気だったそうです。

読み方は「ごえんせいはいえん」といいます。

肺炎自体は日本人にとって身近になってきている病気なのでご存知な方も多いかと思います。なんと日本人の死因の4番目に多い病となっているのです。

肺炎にかかって亡くなる方は9割が高齢者なんだそうです。

そして今回注目された誤嚥性肺炎はそのうちの7割もの割合を占めます。高齢の方が発症して亡くなるケースが多いため、老人性肺炎などとも呼ばれている病です。一体どんな病なのか、細かく見ていきましょう。

☆誤嚥性肺炎について

まずは誤嚥とはなんなのでしょうか。

これを理解するには人間の喉をとおる2つの管を認識する必要があります。いつもご飯を食べる時、口で噛み砕いた食物は「食道」をとおり胃に向かいますね。それとは別に、普段呼吸をするとき空気は「気管」を通り肺に向かいます。

物を飲み込むのか、空気を体内に運ぶのかで通る管が異なるのです。食事中に食べ物が喉に詰まって呼吸ができなくなった経験はあるでしょうか?それは本来食道を通り胃に向かうはずの食べ物が喉部分で詰まってしまったために気管が塞がれてしまうのです。

その状態になれば当然呼吸もできないですよね。このように隣り合って喉元に存在している2つの管ですが、普段は脳によって食物と空気の仕分けがきちんと行われています。

ただ、この脳による仕分けが年齢を重ねるごとに老化でうまく行かなる事があります。本来は食道に向かって食物が運ばれるはずなのに、気管のほうに食事が行ってしまうのです。

この現象を「誤嚥」と言うのですね。今回豊田泰光氏が患った誤嚥性肺炎もこの現象が元になって発症してしまう病気なのです。

具体的にどのような症状がでるかというと、つばがうまく飲み込めなかったり、息切れを起こしやすくなるなどといったものが挙げられます。

空気と食物の区別が自然にできないというのは、想像を遥かに越える苦痛なのです。

☆豊田泰光氏は過去にも大病を?

今回誤嚥性肺炎で亡くなった豊田泰光氏ですが、実は過去にも大病を患っていたことが判明しました。時期は今から約15年ほど前。大腸がんだったそうです。

トイレに行った際に多量の血が便に混じっている事に気づいて病院に言った所判明したそうです。その時は手術で大腸を25cm切断して命に別状は無かったとのこと。

がんは発覚の遅れが命取りとなります。すぐ異変に気づくことができてよかったですね。81歳という年齢での闘病生活。心身ともに大変なものだったと思います。豊田泰光氏のご梅雨服をお祈りいたします。最後に最新記事とyahooニュースを一つ引用致します。お時間あれば是非お目通しください。

最新注目記事

SMAP解散は不仲が原因?真相は?最新情報とメンバーコメント全文

桐生祥秀は韓国人?高校時代の実績やリオオリンピックの日程は?

内村航平の妹が春日がかわいい!体育教師で活躍中?画像あり

ベッキー現在の仕事は?8月9月復活は?川谷と続いてるって本当?

 

 - スポーツ, ニュース , ,