暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

なんで「梅雨」で「つゆ」って読むの?ちょっと面白い名前の由来

      2017/08/18

なんで「梅雨」で「つゆ」って読むの?ちょっと面白い名前の由来

スポンサードリンク

7月下旬になり、梅雨明けしましたね!6月上旬~7月中旬頃の梅雨の時期、ジメジメして通気性の悪い部屋はカビが生えたり、通勤電車の中は雑巾臭くなったり、洗濯物も乾かない、湿気で気分も落ちてうんざりしますよね。

ただ、今年の梅雨は大雨もありましたけど あんまり雨が続いたイメージがなく蒸し暑い 梅雨っぽくない梅雨でしたが。

ところで 梅雨とは 何故「つゆ」と読むのでしょうか?小さい頃から、天気予報でお天気お姉さんが「梅雨に入りました、ジメジメした日が続きます...」とお決まりフレーズを言っていて 何となく梅雨は「つゆ」って読むのだな、と覚えていましたが、ふと気になった事、ありますよね。

天気の事とは関係ないですが、有名企業の名前も由来があります。

LEGO(名古屋に上陸 レゴランド!)
「よく遊べ」という意味のデンマーク語「leg godt」の略。デンマーク語って英語に似ているのね。

カルビー
カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」の組み合わせ。結構わかりやすい名前の付け方ですね。

両方とも生きる上で大切な栄養素で、人々の健康に役立ちたいとの思いが込められています。さすが東証一部上場会社!カルシウムたっぷりのかっぱえびせん、大好きです。

脱線しましたが、企業の名前の由来も知ると面白いですね。それでは「梅雨」はどのような由来なのでしょうか?
ちょっと知っていると、出会いの場で女性との会話が弾むかも知れません...話題に困ったときに、小ネタとして持っていると便利かも知れないですね。笑

スポンサードリンク

梅雨という名前の由来とは?

「梅雨」という言葉は、江戸時代に日本へ伝わりその頃から日本でも「つゆ」と呼ばれるようになりました。結構昔に伝わってきた言葉なんですね。

中国生まれの言葉 「梅雨(ばいう)」 語源が二つ。

① 中国の長江流域では、「梅の実が熟す頃に降る雨」なので「梅雨(ばいう)」と呼んでいました。梅の実熟す...梅酒が飲みたくなってきます。笑

② 「カビが生えやすい時期の雨」なので「黴雨(ばいう)」と呼んでいたが、カビでは感じが悪い為、同じ読みで時期に合う「梅」を使うようになりました。

本当に梅雨の時期はカビが怖いですね。去年のこの季節、スーツや皮ベルトに大量のカビが発生して泣けました。それ以降、湿気取りを大量に置いています。あれは悲しかったです。

日本で「梅雨(つゆ)」と呼ぶようになった由来

① 梅の実が熟す時期なので「つはる」から連想した。 しつこいが梅酒飲みたいです。

② 「露(つゆ)」から連想した。

③ 梅の実が熟しつぶれる時期だから「潰ゆ(つゆ)」と掛けた。 つぶれるという漢字も、つゆと読むんですね。

④ カビのせいで物がそこなわれる「費ゆ(つひゆ)」と掛けた。

どうやらこのような由来があったようです。私は④のカビのせいでという由来がしっくりきます。にくきカビ達め。梅雨 が伝わる以前は、五月雨(さみだれ)と言いました。

「さ」は陰暦の5月(現在の6月)、「みだれ」は「水垂れ」を意味します。さみだれ よりは つゆ の方が呼びやすいですね、「つゆ」という言葉が伝わってきて良かったー。

梅雨の話題から、私が気になった 雨に関係する 気象用語の由来もまとめてみました。

スポンサードリンク

その他気象用語の由来も解説

時雨

ザーっと降ってサッと通り過ぎる現象の事です。通り過ぎる から「しぐれ」になりました。お天気お姉さんが「夕方に少し時雨れるでしょう」というのは、時雨が降るだろう、という事です。

五月晴れ
五月晴れの「五月」は、五月雨と同じように陰暦の五月の事。GW中の天気の良い日のイメージだが、梅雨の間のつかの間の晴れ間のこと。
にわか雨
ユーミンの「春よ」の歌詞にもある にわか雨。これは、驟雨(しゅうう)。突然強く雨が降り出して、突然雨が止むこと。海外のスコールのようなものでしょうか。
驟雨でも、30分程度でやむ雨が にわか雨と言います。やっぱりスコールですね。スコールの日本バージョン。
洗車雨(せんしゃう)
七夕前日の、7月6日の雨のこと。洗車だから、よくある車を洗ったその日に降ってしまう雨の事と思ったらそうではなかった!彦星が織姫に会う為、牛舎を洗う水が雨になると言われている。なんだか素敵な雨ですね。

まとめ

梅雨やその他、雨関連用語、たくさんの名前・種類が出てきました。中でも洗車雨なんて織姫と彦星が会う為の、少しロマンチックな物まであって。同じ雨でも降り方や時期で名前を変えるなんて、風情があるじゃないですか。

梅雨の時期は、やっぱりジメジメでカビも生えるし好きになれないですが笑、梅酒でも呑みながら、来年の梅雨の時期も乗り切りましょう!

 - お役立ち