暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

冬至のゆず湯に赤ちゃんを入れても平気?注意点などまとめてみた

   

今回は柚子湯と赤ちゃんについて調べてみました。

柚子湯て大人でもヒリヒリして凄く痛いて思う方もいらっしゅると思います。けれど健康に良いと効くからつい入りたくります。

けれど、赤ちゃんの肌には大丈夫かな?てちょっと不安になってしまいますよね。

今回はそのことについてもしっかり調べてみましたのでよろしくお願い致します。

スポンサードリンク

☆大人と赤ちゃんの肌は違ってデリケート!?

赤ちゃんて物凄く敏感で繊細でデリケートなんです。今回は新しくママさんやパパさんになられた方もいると思いますので、わかりやすく説明していきます。

赤ちゃんはまず新陳代謝がとっても良いので、常に新しい肌になりよう細胞が活発化しています。また紫外線や肌ストレスになるよう影響を受けていないこともあり、肌は常にツルツルさらさらでいますが、大人と赤ちゃんの肌の違いはその肌の厚さです。

実は赤ちゃんの肌は大人に比べて2/1程度しかありません。またほかにも沢山肌について情報を仕入れて赤ちゃんて肌をより理解してあげると良いと思います。

また柚子湯は大人でもしみるので赤ちゃんも個人差はかなりありますがしっかり観察しながら入れてあげましょう。

柚子湯と赤ちゃん入れてよいのか?

先ほど少し触れていましたが、柚子湯に赤ちゃんを入れてあげても問題はありませんが、ヒリヒリして痛がったり体質に個人差があります。なので入れて良いかダメかはその赤ちゃん次第になります。

スポンサードリンク

柚子湯と赤ちゃんの効果

柚子湯の主な効果としては柑橘類のリモネンという成分が体に良い効果を表しています。

主な効果はリラックス効果・安眠効果

・ガンの抑制効果・基礎代謝アップ

・免疫力アップ・肌や保湿の効果アップなど赤ちゃんや大人にも優しい効果となっています。

お風呂などに柚子を入れる際は数はお好みで構いません。また柚子を方ちょなどで刺して穴をあけるとより成分がでてよくなります。

半分に切るなどされる場合は木綿や脱脂綿などを使い柚子をいれてすると柚子の中身がお風呂にでて汚れずに済むのでおすすめです。

スポンサードリンク

赤ちゃんと柚子湯に入る注意点

赤ちゃんは肌がとってもデリケートという点は最初にお伝えしましたが、柚子湯の大きな注意しとしてはリモネンという成分になります。

体や健康に良い反面、リラックスはとっても酸が強いのでお肌への刺激があります。

こうしたことから、赤ちゃんに肌荒れやアトピー、アレルギー、オムツで肌が蒸れるのが強い子は入浴を避けた方がよいと思います。

もちろん全然平気な子はいますが、様子などはしっかりみなければなりません。

またリモネンの刺激を心配してしまう方は柚子の数を減らすのがよいかもしれません。その時は1個程度でも大丈夫です。

また入浴する前に柚子を20分程度湯船に入れると成分が均等に行き渡り濃度を緩和させることが出来ます。

もう一つは入浴時間などを短めにするとよいです、20分くらいを目安にすると良いです。

あとはお風呂から上がる際にシャワーなどで体を洗い流すと成分を多少落とすことが出来ますので良いと思います。

☆まとめ

赤ちゃんを柚子湯に入れられる際は注意を払って入浴をお願いします。赤ちゃんはデリケートな体などでしっかりみてあげてください。

いかがでしたたか?これから寒い季節がやってくるので赤ちゃんと一緒に入ってよりカラダを温めてすくすくと成長を見守ってあげましょう。

柚子湯自体はひりひりを除けばとっても健康的な簡易温泉の役割も 出しますので、寒い季節には結構もよくなり最適です。

 - お役立ち