暇人による世の中観察

トレンド情報のサラダボウル

山本昴斗逮捕!厚木市で自転車に乗りながら女性の胸を触って逃走

      2016/09/01

山本容疑さh引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00010002-tvkv-soci

自転車に乗りながら、追い抜きざまに女子中学生の胸を触ったとして男性が逮捕される事件が起こりました。今回の記事では、この事件について報道されている範囲に加えて気になった点を付け加えてまとめていきます。

☆事件概要

今回の事件では男性が自転車で走っている最中、追い抜きざまに女性の胸を触ったということで逮捕されました。被害が発生したのは神奈川県厚木市戸室とのことです。

逮捕された男性について公開されている情報をまとめます。

名前:山本昴斗
年齢:21歳
職業:会社員
住所:神奈川県厚木市水引

山本昴斗容疑者が今回事件を起こしたのは8月19日(金)の午後10時頃だとされています。被害にあったのは中学2年の女子生徒です。夜10時ということで、平日かなり遅めの時間ですので、塾や習い事の帰りだったのでしょうか。

山本昴斗容疑者は会社勤めをしているとのことで、仕事帰りだったのかなと推測できます。実は今回の逮捕前に、数ヶ月間にわたって同様の被害を受ける女性が多数いたことから警察は警備を強化していました。

それが今回の逮捕に繋がったのですね。警察の調べによりますと、山本昴斗容疑者は同様の手口での犯行をこの2ヶ月で20回程度行ったと供述しているため、上記被害状況と一致しています。自転車に乗りながら追い抜きざまに女性に触るというのは、私個人的には今まで聞いた事のない手口だったので相当珍しいなと思いました。

警察がどのように考えていたのかはわかりませんが、同様のエリアで同じ手口の犯行が行われるとすれば、そこのエリアを強化するのが鉄則ですよね。わざわざ遠出して同じ場所で犯行に及ぶ意味は無いでしょうし。案の定山本昴斗容疑者は厚木市在住とのこと。

山本昴斗容疑者は暴行の疑いで逮捕されました。

☆山本昴斗容疑者の動機は?

さて、今回の犯行ですが一体どのような動機で行われたのでしょうか。
犯行回数が一回ではなく20回前後ということなので、この数ヶ月の間で山本昴斗容疑者の中でこの犯行は常習化していたことが分かります。

最初はちょっとした好奇心だったのかもしれませんね。夜遅い時間、そこまで人も多くないしちょっと抜き去る時に触るだけだから大丈夫だろう。

実際初めての犯行を行っても逮捕されることもなく大丈夫でした。おそらくこれに味をしめた山本昴斗容疑者は単なる「スリルのあるゲーム」のような感じで犯行に及んでいたのではないでしょうか。

☆なぜ「暴行罪」で逮捕?

今回山本昴斗容疑者が逮捕されたのは「暴行罪」という罪名でした。私は法律関係には疎いため、単純に暴行罪ってなんらかの暴力をふるってしまったときに問われる罪なのでは?と先入観を持っていました。

調べてみると、法律が解釈する「暴行」とはかなり広範囲なものを示すようです...!

wikiより引用致します。

暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときに暴行罪となる。

暴行罪の「暴行」とは、人の身体に向けた有形力の行使を言う。有形力とは物理的な力のことで、典型的には殴る、蹴るなど(暴力)がこれに当たり、その範囲はかなり広い。
判例は、「毛髪を根元から切る」、「着衣を引っ張る」、「お清めと称して食塩をふりかける」、人に対して農薬を散布する、室内で日本刀を振り回すなどを暴行としている。しかし、つばを吐きかけるなどのように、傷害の危険が全くない有形力の行使までを暴行として捉えてよいのかどうかについては争いがあり、暴行というためには身体の生理的機能を害する程度の危険のある行為である必要があるとする学説もある。
力学的な力以外の、エネルギーによる暴行が認められるかという点でも争いがあるが、判例はブラスバンド用の太鼓を室内で連打し、被害者を朦朧とさせた事件で音による暴行を認めた(最判昭和29年8月20日刑集8巻8号1277頁)。
催眠術をかける行為については、前述の生理的機能を害する程度の危険のある行為を必要とする学説からは、それは心理的作用に過ぎないため暴行とはいえないとされる。
~身体的接触の要否~
有形力の行使が被害者の身体に現実に接触する必要があるのかどうかという点も問題となる。 例えば、人を狙って石を投げたがたまたま当たらなかった場合である。この場合、暴行罪が成立していないと考えると、暴行の未遂を処罰する規定はないので、不可罰という結論になる。 しかし、人に傷害を加える危険のある行為をしている以上、それがたまたま当たらなかったとしても暴行罪の既遂として処罰できるとするのが学説の多数説であり、そのため、身体的接触は必要ないとされている。
さらに、もともと人の身体を狙ったわけではない有形力の行使についても、判例は暴行罪の成立を認めている。そのような例として、当てるつもりはなく単に脅すつもりで日本刀を振り回したケース(最決昭和39年1月28日刑集18巻1号31頁)や、驚かすために人の数歩手前を狙って石を投げたケース(東京高判昭和25年6月10日高刑3巻2号222頁)がある。
wikipediaより引用

難しい解説が続きましたが、「暴行罪」というのは相手に対して何らかの行為をしたけれども怪我などをさせなかったときに問われる罪ということですね。女子生徒の体を触るという行為はありましたがそれによって怪我を負うことはなかったですから、「暴行罪」のくくりになるわけですね。

これをきっかけに法律を少し見てみたのですが、今回のケースでは「強制わいせつ罪」は適用されないんですかね。男性がゲーム感覚で行う事を目的として性的な趣向を主眼としていないからという解釈なのでしょうか。

...むずかしいですね笑

法律関係に詳しい方はコメント欄などで教えてくださると幸いです。

☆まとめ

・事件概要は、自転車に乗りながら女性に暴行を加えた男性が逮捕されたこと
・男性は山本昴斗容疑者(21歳)会社員で犯行現場と同じ市に在住
・山本昴斗容疑者は「暴行罪」で逮捕された

では、今回はこの辺で。最後まで読んでくださりありがとうございました。

注目記事

志村けん肺炎入院で病状は?病院はどこ?退院後現在と復帰の目途は?

高畑裕太が逮捕!相手女性の写真画像はガゼ!ツイッターで拡散?

安倍マリオが土管でリオ閉会式入り!日本文化を世界へ!

SMAP解散は不仲が原因?真相は?最新情報とメンバーコメント全文

ベッキー現在の仕事は?8月9月復活は?川谷と続いてるって本当?

松友美佐紀がかわいい!姉も美人で彼氏の存在も?貴重画像あり

 - ニュース